• 収益物件掲載募集
  • 不動産投資セミナー掲載募集
  • 収益物件 売却査定

3,370アクセス

【不動産投資本】嘘がつけなくなった不動産営業マンの仁義なき闘い!コミック「正直不動産」

不動産投資本/書評 ニュース

2018/02/25 配信

世の中を「本音」だけで生き抜くことは本当に難しい。いや、幼い子供でもなければほぼ不可能と言ってもいいだろう。

本音を言わないどころか、嘘も方便と割り切らなければ結果など付いてこない。特に不動産業界に身を置く人間であれば、そんなシーンを目にすることも多いのではないだろうか。

現在、小学館のビッグコミック誌に好評連載中の「正直不動産」は、そういった嘘をいとわない不動産営業の実態に鋭く切り込み、真のカスタマーファーストを探求していくという、非常にスリリングかつ痛快なコミックだ。

スクリーンショット 2018-02-23 16.57.50

・正直者の不動産営業とは?

主人公の永瀬財地は、吉祥寺駅徒歩5分にある「登坂不動産」で、売り上げナンバー1を叩き出すやり手の営業マン。

「正直者がバカを見る。嘘ついてなんぼのイカレた世界…それが不動産の営業だ。」

そう言い切る彼は、口八丁の巧みな営業トークで大きな契約を次々に取りまとめ、営業成績も常にトップを独走。上司や同僚からも一目置かれる存在であった。

そんなある日、とある更地に祀られていた石碑を「地鎮祭の邪魔だから」と無下に破壊したことが、永瀬の人生を大きく変えることになる。

江戸時代の高僧が災いの神を封じるために建立したという、いわく付きの石碑にたたられたのだ。彼はそれ以来、まったく嘘がつけず、思わず本音が口から出る人間になってしまう。

契約させてナンボの不動産営業を「本音だけ」で取りまとめ、成績を維持することは非常に難しい。彼がこれまで駆使してきた口八丁の営業トークが使えないばかりか、余計な口を滑らせて顧客やオーナーを激怒させ、営業成績も下がる一方。しまいには、上司からもクビをちらつかされる有様に。

しかしそんな苦悩の中で永瀬は、新卒で入社した女子営業マンの誠実さに心を打たれ、本音こそが、信頼を得て人を動かす原動力であることにあらためて気づく。

そして彼は決意するのだ。これからは「正直不動産 永瀬財地」で行こうと。

追い打ちをかけるライバル同僚も出現し、不動産営業の仁義なきバトルが過熱していく中、正直者に生まれ変わった彼がどう立ち向かっていくのかは、ぜひ本書を読んでいただきたい。

・幅広い読者層に向けたメッセージ

このコミックを読んで感心したのは、「サブリース契約」「専属専任で両手囲い込み」「おとり物件」など、不動産業界特有のグレーな営業手法が詳しく、読者にもわかりやすく解説されていることだ。

一般の顧客が、業界のウラ事情を知る機会はなかなかないだろう。コミックという媒体を通じて広く世間に認知されるようになれば、知恵に長けた業者とオーナーが得をし、無知な顧客がカモにされるという取引の構図に、一石を投じることになるかも知れない。

また、本書の原案者である夏原武氏も巻末のスペシャルエッセイを通じて、不動産取引とはどういうものか、その実態がどうなっているかを詳細に述べている。

こういった部分でも、これまで不動産に馴染みのなかった読者層に対し、大きな関心を集めるきっかけになるのではと感じた。

これはあくまでフィクションの世界であり、実際には、良心的な不動産業者も数多く存在することは間違いないだろう。しかし、ストーリーを読み進める中で、われわれ投資家が思わずニヤリとしてしまうシーンも多い。

「正直不動産」は現在ビックコミックに連載中。これからの展開が楽しみだ。

健美家編集部(協力:五位野健一)

健美家サイト会員登録で最新コラムやニュースをチェック!

不動産投資ニュースのライターさんを募集します。詳しくはこちら


ニュースリリースについて

編集部宛てのニュースリリースは、以下のメールアドレスで受け付けています。
press@kenbiya.com
※ 送付いただいたニュースリリースに関しては、取材や掲載を保証するものではございません。あらかじめご了承ください。

ページの
トップへ