• 収益物件掲載募集
  • 不動産投資セミナー掲載募集
  • 収益物件 売却査定

3,733アクセス

【不動産投資本】嘘がつけなくなった不動産営業マンの仁義なき闘い!コミック「正直不動産」

不動産投資本/書評 ニュース

2018/02/25 配信

世の中を「本音」だけで生き抜くことは本当に難しい。いや、幼い子供でもなければほぼ不可能と言ってもいいだろう。

本音を言わないどころか、嘘も方便と割り切らなければ結果など付いてこない。特に不動産業界に身を置く人間であれば、そんなシーンを目にすることも多いのではないだろうか。

現在、小学館のビッグコミック誌に好評連載中の「正直不動産」は、そういった嘘をいとわない不動産営業の実態に鋭く切り込み、真のカスタマーファーストを探求していくという、非常にスリリングかつ痛快なコミックだ。

スクリーンショット 2018-02-23 16.57.50

・正直者の不動産営業とは?

主人公の永瀬財地は、吉祥寺駅徒歩5分にある「登坂不動産」で、売り上げナンバー1を叩き出すやり手の営業マン。

「正直者がバカを見る。嘘ついてなんぼのイカレた世界…それが不動産の営業だ。」

そう言い切る彼は、口八丁の巧みな営業トークで大きな契約を次々に取りまとめ、営業成績も常にトップを独走。上司や同僚からも一目置かれる存在であった。

そんなある日、とある更地に祀られていた石碑を「地鎮祭の邪魔だから」と無下に破壊したことが、永瀬の人生を大きく変えることになる。

江戸時代の高僧が災いの神を封じるために建立したとい

...

この記事は会員限定です。
会員登録(無料)すると続きをお読みいただけます。

健美家会員のメリット

  1. 会員限定物件や非公開物件情報が見れる
  2. 最新のコラムニュース情報がメールで受け取れる

不動産投資ニュースのライターさんを募集します。詳しくはこちら


ニュースリリースについて

編集部宛てのニュースリリースは、以下のメールアドレスで受け付けています。
press@kenbiya.com
※ 送付いただいたニュースリリースに関しては、取材や掲載を保証するものではございません。あらかじめご了承ください。

最新の不動産投資ニュース

ページの
トップへ