• 収益物件掲載募集
  • 不動産投資セミナー掲載募集
  • 収益物件 売却査定

2,904アクセス

【不動産投資本】『激安!「空き地」投資』加藤ひろゆき氏の新提案 「チェーンソーで原始林を開拓せよ!」

不動産投資本/書評 ニュース

2018/09/06 配信

地方エリアにおける不動産投資は、過疎化などによる賃貸物件の供給過多によって、今後、より一層厳しさを増してゆくことが確実視されている。

成功するためには、既存の投資スタイルから徐々に脱却しつつ、競合の少ないジャンルや業態に注力していくことが、これまで以上に求められるだろう。

そんな地方の不動産投資に先月、一石を投じる新著が出版された。

当サイトの「不動産投資コラム」でおなじみの加藤ひろゆき氏が、新たな切り口で提案するのが、今回ご紹介する『激安!「空き地」投資』(ダイヤモンド社)である。

スクリーンショット 2018-09-04 23.19.28

■高利回り物件が消えた

みなさんもご存知のとおり、加藤ひろゆき氏はこれまで、北海道内の物件を「鬼のような指値(商標登録申請予定)」で激安に購入し、超高利回りを実現するという、地方の中古物件向けに特化した投資スタイルを提唱してきた。

氏のブログやコラム、数多くの書籍においても、自らの労働力を投入したリアルな体験談やそのライフスタイル、型にはまらないユーモアに満ちた文章によって、多くのファンを獲得している。

その加藤氏がいま新たに展開しているのが、地方郊外の土地を「更地のまま貸す」という投資だ。

2004年に賃貸経営を始めた

...

この記事は会員限定です。ユーザ会員登録すると続きをお読みいただけます。

プレゼントの受付は終了しました

不動産投資ニュースのライターさんを募集します。詳しくはこちら


ニュースリリースについて

編集部宛てのニュースリリースは、以下のメールアドレスで受け付けています。
press@kenbiya.com
※ 送付いただいたニュースリリースに関しては、取材や掲載を保証するものではございません。あらかじめご了承ください。

最新の不動産投資ニュース

ページの
トップへ