• 収益物件掲載募集
  • 不動産投資セミナー掲載募集
  • 収益物件 売却査定

2,387アクセス

【不動産投資本】2200件もの滞納案件と戦った司法書士、太田垣章子氏の新作。「家賃滞納という貧困」

不動産投資本/書評 ニュース

2019/02/27 配信

本ニュースページの執筆者の一人でもある司法書士の太田垣章子さんの最新刊が、今回紹介する「家賃滞納という貧困」だ。

book

不動産賃貸業を営む人たちはもちろん、不動産業界にいる人間には、身近な問題であるはずの家賃滞納。しかし、家主側の訴訟代理人として、16年間で2200件以上もの滞納案件と向きあった著者が紹介する18の滞納の現場は、あまりにも“こちら側”の世界とかけ離れている。

登場する滞納者は、元広告代理店勤務のサラリーマンから、身寄りのない高齢者まで様々だ。読み進めてわかるのは、著者が出会ったのは、悪質な滞納者よりも、「がんばっているのにお金がない人たち」が多いということ。正社員が減り、派遣社員やアルバイトで暮らす人々が増えた日本では、小さなきっかけで貧困は始まるのだ。

第5章「夢を見れない若者たち」には、昼間は工事現場で働き、夜は定時制高校に通いながら、父親の滞納した家賃を肩代わりし、心を病んだ母親の面倒を見る18歳の若者が登場する。著者はこの若者と話しているとき、何度も泣きそうになったという。

他に、両親が揃っているのに児童養護施設に入ることになった13歳の男の子、ライフラインの止まった家でカッ

...

この記事は会員限定です。
会員登録(無料)すると続きをお読みいただけます。

健美家会員のメリット

  1. 会員限定物件や非公開物件情報が見れる
  2. 最新のコラムニュース情報がメールで受け取れる

プレゼントの受付は終了しました

不動産投資ニュースのライターさんを募集します。詳しくはこちら


ニュースリリースについて

編集部宛てのニュースリリースは、以下のメールアドレスで受け付けています。
press@kenbiya.com
※ 送付いただいたニュースリリースに関しては、取材や掲載を保証するものではございません。あらかじめご了承ください。

最新の不動産投資ニュース

ページの
トップへ