• 収益物件掲載募集
  • 不動産投資セミナー掲載募集
  • 収益物件 売却査定

3,554アクセス

【不動産投資本】クレイジーマインドでお金持ちになる!

不動産投資本/書評 ニュース

学生時代は、偏差値の高い人やスポーツに秀でた人がヒエラルキーの上位にいた。就職してからは、学歴や専門スキル、TOIECの点数などがものをいう。

しかし、不動産投資の世界ではそうではない。その証拠に、偏差値の高い学校を出ていても、詐欺のような案件に引っかかる人がいる。一流企業に勤めていても、何年も物件を買えない人がいる。

決められた仕事、指示された仕事をまっとうすることを求められるサラリーマン業とは違い、不動産投資はいつ、何を、どうするのかをすべて自分で決める自由度の高い仕事だ。

そこで成功を決めるのに重要なのは、何をするかではなく、『どう在るか』。ノウハウ以前の、その人の「マインド」が大きく影響するのが、不動産投資なのである。

■クレイジーマインド=超自己肯定感

そこで注目したいのが、本書「手取り17万円の勤め人が『僕ちゃん天才』と言い始めたら年2400万円稼げた超成功法則」。健美家のコラムでもおなじみのポールさんの初の著書だ。

富山在住の35才のポールさんが、不動産投資を始めてから出会った“桁違いの成功者たちが持つ共通点”という「自己肯定感」について語ったレアな一冊である。

51Yk0OQbAvL

念のため伝えておくと、この本を読んでも不動産投資のノウハウは得られない。学べるのは、著者の成功の源だという「クレイジーマインド」という「なんだってやり遂げる魔法のマインド」を築く方法や、「クレイジーマインド」を持つとなぜ、次々とやりたいことが叶い、人生の階段を上っていけるのかのロジックだ。

・誕生日に家をプレゼントされる
・サラリーマンをしながらメルカリで年500万円を稼ぐ
・1万円で借りた家を月6万円で貸す
・200万円を“もらって”賃料収入のある不動産を譲り受ける
・銀行が「1億円借りてください」と言ってくる

通常の人間から見れば、「そんなことはたまたまに決まっている」と思うようなことが、著者の身には日常茶飯事のように起こる。

さらには、仲間と楽しく、好きなことをして、住む場所に困る人々を助けながら、着実に資産を増やしている。それもまた、「クレイジーマインド」(=自己肯定感)の成せる技だという。

9-1

■大人になってからも自己肯定感は上げられる

自己肯定感は、生まれつき、全ての人に備わっているものではない。その強さは、3歳までに受けた愛情の量で決まるとされ、育てられ方に大きな影響を受けるという。

13年間、児童養護施設で働いていた著者は、厳しい環境で育った子供たちが、自己肯定感の低さから学校での勉強も、友だちとの関係作りもままならず、苦しむ現実を見てきた。

しかし、幸いなことに、自己肯定感は何才からでも(大人になってからでも)高めることができる。そのために何をすればいいのか、本書ではその実例が具体的に紹介される。

逆境で育ち、人の目を気にして生きてきた著者の友人が、自己肯定感を上書きしながら、自信と収入を上げていく様子が紹介される第7章「自己肯定感を上げてお金持ちになった人々」は、必見だ。

「過去は関係ない! 大切なのは今からだ」

ポールさんが児童養護施設の先生だった頃、子供たちにいつもかけていた言葉だ。本書には、この手のパワーをくれる言葉が何度も出てくる。

読み終わった後は、「僕ちゃん、天才」の言葉を胸に、今までより一回り大きな目標を追いかけたくなるような、そして、家族や友人もすすめたくなるような、愛と情熱に溢れた一冊だ。

健美家編集部

――――――――――――――-

紹介した書籍を健美家会員の中から抽選で5名様にプレゼントいたします。ご希望の方は応募フォームよりご応募ください。

・2019年9月30日(月)〜2019年10月6日(日)の間、応募を受け付けます。

・応募は日本国内の方のみ(発送は国内のみ)とさせていただきます。

・ご応募はお一人様1回限りとさせていただきます。

・当選の発表は商品の発送をもって替えさせていただきます。 (商品の発送は10月中旬を予定しております)

※健美家のユーザ会員登録はコチラから

プレゼントの受付は終了しました

健美家サイト会員登録で最新コラムやニュースをチェック!

健美家不動産投資ニュース

最新の不動産投資ニュース

ページの
トップへ