• 収益物件掲載募集
  • 不動産投資セミナー掲載募集
  • 収益物件 売却査定

1,933アクセス

【不動産投資本】24年で区分57室!芦沢晃氏の中古マンション投資法

不動産投資本/書評 ニュース

2020/04/01 配信

首都圏の中古ワンルーム投資は、かねてから、低リスクで着実に副収入を得たいサラリーマン大家に人気のある手法だ。

本書「少額現金ではじめる!中古1Rマンション堅実投資術」の著者である芦沢晃氏も、本業が「激務」だったために、手間がかからないこのやり方を選んだという。

表紙

■著者の24年の区分マンション投資の集大成

昨年、60才で定年退職するまでサラリーマン人生を全うした著者が、24年間で購入したマンションは57室。全体の稼働率は95%以上で、年間家賃収入は約3,500万円(管理費積立費などを引くと約2,800万円、手残りはその7割)にのぼる。

驚くのは、そのほとんどが現金買いということだ。借金が好きではないという著者は、貯金や株式投資からの利益をコツコツと不動産に変えることで、家賃収入を増やしてきた。

「地味な手法であり、私の人生観に合うやり方だっただけで、これが最適とは言えませんし、土地の担保力で日本の低金利融資を活用し、時間と資金を加速する方法が不動産投資の旨味でしょう」

著者自身がそう語るように、現金買いは資産を増やすのに時間がかかる。区分一戸から得られる家賃収入は大きくない。それでも、東京のマンションには高い入居率が見込める、出口が取りやすいといった強みがあり、無借金には何にも代えがたい安心感がある。

著者と同じように「サラリーマンを辞めるつもりはない」「できるだけ借金はしたくない」という人にとって、魅力的な投資手法であることに間違いはないだろう。

本書では、その芦沢氏がこれまで購入した物件の詳細の他、失敗しない値段で買うための計算法、自己資金を増やす方法、満室経営のポイント、リフォーム事例、トラブルから得た教訓など、24年間の経験から得た様々な知見が紹介されている。

1R

■中古ワンルームは参入障壁が低いが、勉強不足で始めると収益が出にくい

首都圏のワンルーム投資は物件数が多く融資も比較的つきやすいため、一棟物件に比べると参入障壁が低いが、勉強不足で始めると収益が出にくいという特徴がある。

百戦錬磨の不動産会社の営業マンたちも、売り込みに力を入れるジャンルだ。そういった意味で、しっかりと勉強してから始めることは欠かせない。

それにもかかわらず、中古ワンルーム投資で成功を収めた不動産投資家が書いた本やセミナーはそれほど多くない。

・まずは金額の小さい区分投資から始めてみたい。
・既に物件を持っているが、ポートフォリオの一つに東京の区分マンションを加えたい。
・株式投資の利益で不動産投資を始めたい。
・定年まで兼業大家を貫いた著者がその生き方を選んだ理由を知りたい…。

本書はそのような読者のニーズを満たしてくれる貴重な一冊といえるだろう。

健美家編集部

――――――――――――

紹介した書籍を健美家会員の中から抽選で5名様にプレゼントいたします。ご希望の方は応募フォームよりご応募ください。

・2020年4月1日(水)〜2020年4月7日(火)の間、応募を受け付けます。
・応募は日本国内の方のみ(発送は国内のみ)とさせていただきます。
・ご応募はお一人様1回限りとさせていただきます。
・当選の発表は商品の発送をもって替えさせていただきます。 (商品の発送は4月中旬を予定しております)

※健美家のユーザ会員登録はコチラから

プレゼントの受付は終了しました

健美家サイト会員登録で最新コラムやニュースをチェック!

不動産投資ニュースのライターさんを募集します。詳しくはこちら


ニュースリリースについて

編集部宛てのニュースリリースは、以下のメールアドレスで受け付けています。
press@kenbiya.com
※ 送付いただいたニュースリリースに関しては、取材や掲載を保証するものではございません。あらかじめご了承ください。

ページの
トップへ