• 収益物件掲載募集
  • 不動産投資セミナー掲載募集
  • 収益物件 売却査定

4,937アクセス

不動産競売流通協会「オークション」導入、債務整理案件など一般流通市場に乗りづらい物件を対象

収益物件購入・売却/競売 ニュース

2018/07/24 配信

不良資産化した不動産の処分方法として、競売と任売(任意売却)がある。例えば、会社の倒産や人員整理などで職を失い住宅ローン返済者の支払いが滞ってしまうと、金融機関は裁判所を通じて強制的に住宅を売却して資金回収する競売手続きに入る。

一方の任売は、通常、専門業者が間に入って債権者との調整を行い、市場で対象不動産を売却する。競売という強制手続きではなく、債務者が判断し、選任した業者が売却までの手続きを行うことから、「任意」売却と言われる。

いずれにしてもローン債務者にとって、残債を全て返済してしまわないと生活が行き詰ってしまう。相対的に高値で売却しやすい任売を選択するケースが少なくないものの、残債がどのくらいあるかや、不動産マーケットの状況にもよる。

DSCN2281

競売や任売によって不動産を売却してローンを完済できたり、完済した後にお金が手元に残る人は、残債が少なかったり、好立地と市況の良さから比較的高値で売却できた人に限られる。

不動産投資家にとっても所有不動産の不良資産化は避けたいところ。今年、なにかと不動産業界を騒がせた女性専用シェアハウス「かぼちゃの馬車」の問題に、サラリーマン投資家は戦々恐々としている。

...

この記事は会員限定です。
会員登録(無料)すると続きをお読みいただけます。

健美家会員のメリット

  1. 会員限定物件や非公開物件情報が見れる
  2. 最新のコラムニュース情報がメールで受け取れる

不動産投資ニュースのライターさんを募集します。詳しくはこちら


ニュースリリースについて

編集部宛てのニュースリリースは、以下のメールアドレスで受け付けています。
press@kenbiya.com
※ 送付いただいたニュースリリースに関しては、取材や掲載を保証するものではございません。あらかじめご了承ください。

最新の不動産投資ニュース

ページの
トップへ