• 完全無料の健美家の売却査定で、できるだけ速く・高く売却

×

  • 収益物件掲載募集
  • 不動産投資セミナー掲載募集

【競売事例】北陸の主要駅徒歩5分、駐車場6台付き土地315平の戸建賃貸物件

収益物件購入・売却/競売 ニュース

2023/05/04 配信

定期的に競売セミナーを開催し、日々、競売の相談を受けているドクターKである。
今回、競売で公開されていた戸建賃貸の競売事例をご紹介する。

紹介する物件は北陸地方にある戸建物件である。裁判所から公開された資料では賃貸中であり、落札後も賃貸継続できるなら、リフォームや新規募集は必要なく、直ぐに家賃収入が得らえる「美味しい」物件である。

この物件のもう一つの特徴は非常に駅近である。最寄りの駅からは、約400メートル離れたところにあり、徒歩5分である。

地方の駅だと大小があるので利用者が少ないのは?と思われるかもしれないが、その最寄りの駅は駅前にホテルやドンキホーテがあり、周辺には飲食店が多く点在し、活気がある駅である。また、駅から非常に近いため、賃貸ニーズが高く、地価も下がりづらい。

そのため、リスクは低いと思われる。読者の中で競売をやってみようという方がいたら、このような物件からチャレンジするのがお勧めである。今回、紹介する物件を参考に、このような競売物件もあるということをご理解頂けたらと思う。

1.物件概要
(1) 所在地
物件の市町村は北陸地区に位置し、人口は約5万人の市町村である。最寄りの駅から徒歩5分のところに位置している。最寄り駅は、地方の駅としては比較的に栄えており、駅前にホテルやドンキホーテがある。

また、日本海に面しているので漁業が盛んであり、日本料理店や寿司屋など、和食の飲食店が建ち並んでいる。また、駅近でもあるので、周辺地域には多くのアパートや住宅もある

(2) 物件概要
物件は、土地が315u、建物の延べ床面積が98u、築50 年の2階建ての戸建である。建物の外観は外壁が薄いモスグリーン色であり、屋根が茶色の瓦である。築50年も経過しているため、年季が感じられる。建物の前は駐車場であり、計6台駐車ができる。その内4台分を賃貸している。

建物外観。築50年の2階建ての戸建て
建物外観。築50年の2階建ての戸建て

(3) 間取り、室内
間取りは2階建ての5DKである。1階には台所、和室が3つ、浴室、トイレがある。2階は和室が2つある。

間取り 2階建ての5DKの比較的、広い家である
間取り 2階建ての5DKの比較的、広い家である

以下、室内の写真である。台所には物が多いが、綺麗に整頓されている。他の部屋も綺麗に整理整頓されている。

室内 綺麗に整理整頓されている
室内 綺麗に整理整頓されている

2.物件詳細
(1) 賃貸契約の内容
裁判所の公開資料には賃貸契約の内容も記載され、以下、賃料である。家賃は60,000円であり、共益費を含めると63,000円である。

また、建物の賃貸以外に、駐車場も賃貸し、その賃料は計11,000円である。これら賃料を合わせると、月額賃料は合計74,000円である。また、賃借人は平成14年からこの物件を借りて、約20年経過している。長く住み続けているので、落札後でも、そのまま住み続ける可能性が高い。

賃貸状況 家賃は共益費を含めると63,000円
賃貸状況 家賃は共益費を含めると63,000円

(2) 関係者のコメント
裁判所の公開資料には、通常、債務者や所有者などの関係者のコメントが記載されている。以下、記載内容である。記載内容で、過去、雨漏りが発生、水道の水量が弱い、障子が開かないなど、修繕が必要だと思われるコメントがある。

築50年も経過しているので、いくつか修繕が必要な部分が発生しても仕方ないだろう。落札後の修繕の要否は、賃借人と交渉が必要である。

但し、この賃借人が退去し、新規募集時は修繕する必要があるので、いくらか費用を考慮した方が良いだろう。

関係人の陳述等 しっかりと確認しよう
関係人の陳述等 しっかりと確認しよう

(4) 物件評価の金額
裁判所から依頼された不動産鑑定士による競売の基準価格は以下である。

3,070,000円

上記の金額は、裁判所から依頼された不動産鑑定士によって査定される。この金額は、一般流通市場の価格よりも安く設定される。理由は、この金額が一般流通市場よりも高いと誰も入札せず、競売自体が成り立たないためである。

3.落札結果
(1) 落札結果
落札金額は以下である。入札件数は7件であり、法人が落札している。

5,565,500円

(2) 利回り
利回りを算出すると以下である。

家賃 74,000円/月
落札金額 5,565,500円
諸費用 300,000円(裁判所へ代金納付する際の諸費用(登録免許税など))
利回り 15.1%

4.最後に
北陸地方にある築50年の戸建てで利回り15.1 %の物件を紹介した。小額投資であり、賃貸契約の状況、関係者の陳述等から、落札後、賃貸継続の可能性が高い。また、この物件は、最寄りの駅から400メートルのところにある駅近の物件であり、土地は315uもある。

そのため、アパートを建てることも可能である。落札後、賃借人は退去したら、建物を取り壊し、アパートを建てても良いだろう。もしくは、更地にして、その土地を売却する案もある。駅近、土地が広いので、落札金額以上で売却することが可能である。本物件に関して、いろいろな活用方法があり、このような物件もあることを、ご参考頂けたらと思う。

執筆:ドクターK

ドクターK

■ 主な経歴

「株式会社ココス」所属。競売コンサルタント。
年に数十回の入札を行い、数件落札。競売をやりたい初心者向けに毎月競売セミナーを開催し、競売のノウハウを伝授。
執筆活動も行い、著書「はじめての競売」に一部寄稿。

※ 記事の内容は執筆時点での情報を基にしています。投資等のご判断は各個人の責任でお願いします。

アクセスランキング

  • 今日
  • 週間
  • 月間

不動産投資ニュースのライターさんを募集します。詳しくはこちら


ニュースリリースについて

編集部宛てのニュースリリースは、以下のメールアドレスで受け付けています。
press@kenbiya.com
※ 送付いただいたニュースリリースに関しては、取材や掲載を保証するものではございません。あらかじめご了承ください。

最新の不動産投資ニュース

ページの
トップへ