• 収益物件掲載募集
  • 不動産投資セミナー掲載募集
  • 収益物件 売却査定

3,963アクセス

「掘り出し物件」を紹介したくなる客とは?「不動産会社との賢い付き合い方」

収益物件購入・売却/物件選び ニュース

2017/10/10 配信

不動産投資を考えた時、誰しも「儲かる物件が欲しい」と思う。

儲かる物件、良い物件とは、価格の割に家賃が高く、さらに事故物件でもなく手間がかからない、いわゆる「掘り出し物件」である。

そして、その「掘り出し物件」を見つけるためには、不動産会社をうまく活用しなくてはならない。

うまく活用するということはどういうことか。どうすれば不動産会社は、数多いる客の中で、自分に「掘り出し物件」を融通してくれるのか。

そのためには不動産会社に好かれる、つまり「上質な顧客=買える客」と思われなければいけない。
1d105a0530105c533387585b8e7e487d_s

不動産会社は物件の売買を仲介し、その仲介手数料を得ることを目的としている。

つまり不動産会社サイドから見た「顧客」とは、自社が仲介する物件を「買える客」であるということになる。

「買える客」であるかは、保有金融資産、年収、職業、家族の状況、既保有物件の状況、借入金、申告内容等から判断する。つまり、これらのことについては当然ヒアリングされるので、即答できるようにしておく必要がある。

また、どのような物件を探しているかも訊かれるが、この時に「フルローンの付く物件」などと言ってはダメ。不動産会社は、「頭金がないのでフルロ

...

この記事は会員限定です。ユーザ会員登録すると続きをお読みいただけます。

不動産投資ニュースのライターさんを募集します。詳しくはこちら


ニュースリリースについて

編集部宛てのニュースリリースは、以下のメールアドレスで受け付けています。
press@kenbiya.com
※ 送付いただいたニュースリリースに関しては、取材や掲載を保証するものではございません。あらかじめご了承ください。

ページの
トップへ