• 収益物件掲載募集
  • 不動産投資セミナー掲載募集
  • 収益物件 売却査定

1,796アクセス

開放的な作りのお店が多い街が「買い」?飲食店の作りで分かる、まちの活気、将来性

収益物件購入・売却/物件選び ニュース

まちの衰退が語られるようになった昨今、まちの活気、将来性を見極めることは投資家にとって重要なポイントになる。

いろいろな観点があるが、現地に行ってぜひ、確認していただきたいのは店の作りだ。

赤羽の飲食店街。こうした路上から賑わいが見える店が多いのが大半。賑わいを実感したい人はぜひ一度訪れて見て、店の作りと賑わいの関係を確認してみてほしい
赤羽の飲食店街。こうした路上から賑わいが見える店が多いのが大半。賑わいを実感したい人はぜひ一度訪れて見て、店の作りと賑わいの関係を確認してみてほしい

非常に簡単に、一言で言えば賑わいはオープンな雰囲気から生まれる。逆にいえば閉鎖的で、中が見えない店ばかりが並ぶまちは衰退する。

実際、赤羽や北千住、清澄白河など最近話題に上がるまちでは店はオープンである。ガラス張りになっていたり、時には道路上に席がはみ出して(!)いたりするほどで、それが賑わいを視覚で、聴覚で実感させ、そこに交じってみようという気を起こさせる。

どんなに賑わっている店でも、それが外から分からなければ、人は賑わいを実感しない。

再生が話題になっている熱海も元々は閉鎖的な雰囲気のまちだった。今も残る古くからの飲食店街に行ってみると分かるが、たいていは内部の様子が外からは伺えない店である。

ところが、最近、人通りが増えたと言われる銀座通り商店街はオープンである。再生のきっかけになった店舗、ゲストハウスは道路に繋がるように見えるほど。賑わいを目に見える形にしたことで周囲の人が変化を認識、それがさらに客を呼ぶことになったのである。

かつて大隅半島の台所として栄えた鹿屋市は衰退が著しかったが、このレストランなどを契機にまちづくりに関わる人が増え、近年は小学校を再生した宿泊施設なども登場、少しずつ変化し始めている
かつて大隅半島の台所として栄えた鹿屋市は衰退が著しかったが、このレストランなどを契機にまちづくりに関わる人が増え、近年は小学校を再生した宿泊施設なども登場、少しずつ変化し始めている

これは首都圏以外でも同様だ。以前、鹿児島県鹿屋市を訪れた際、あるレストランを見せていただいた。

ガラス張りで周辺からも目立つ建物だった。建築家によると、当初はガラス張りで店内が丸見えの店では人は来ないと言われたという。ところが周囲の声に相違して、オープン後は人気店に。

今後、もし、飲食店ビルを計画する、あるいは建物を飲食店に貸すなどの場合には作りを意識したいところ。もちろん、土地勘のないまちに投資を考えているのであれば、夕方以降でまちを歩き、飲食店街の雰囲気を見ておきたい。外に賑わいが溢れだしているまち、そんなまちに将来性がある。

健美家編集部(協力:中川寛子)

健美家サイト会員登録で最新コラムやニュースをチェック!

健美家不動産投資ニュース

不動産投資ニュースのライターさんを募集します。詳しくはこちら


ニュースリリースについて

編集部宛てのニュースリリースは、以下のメールアドレスで受け付けています。
press@kenbiya.com
※ 送付いただいたニュースリリースに関しては、取材や掲載を保証するものではございません。あらかじめご了承ください。

最新の不動産投資ニュース

ページの
トップへ