• 収益物件掲載募集
  • 不動産投資セミナー掲載募集
  • 収益物件 売却査定

6,297アクセス

すでに日本の不動産投資の適地は2%のみ?!世界の人口急増・高度経済成長地域を狙うアウトバウンド戦略、アジアの次はアフリカか!?

収益物件購入・売却/物件選び ニュース

2019/05/04 配信

フィリピンマニラ-1

国立社会保障・人口問題研究所がまとめた「日本の将来推計人口(平成29年推計)・平成29年4月10日公表」によると、日本の人口は急速に減少する。出生及び死亡の中位推計では、2008年の1億2806万人をピークに2040年には1億1092万人、2053年に9924万人と1億人を割り込む。長期参考推計結果によると、2100年は同じく中位推計で5972万人、最も楽観的(両者高位推計)なシナリオでも7410万人、最も悲観的(両者低位推計)では4791万人となっている。

業種・業態にかかわらず、日本の企業経営者は、人口減少による市場の縮小をくい止めることができなければ、国外に目を向けるしかないと考えている。海外勢の対日不動産投資がここ数年着目されているが、邦人の不動産投資家は逆にアウトバウンドに着目している。

賃貸管理・仲介を手掛けるアミックス(東京都中央区)の社長で日本賃貸住宅管理協会(日管協)の末永照雄会長は、「100年単位ではなく、30年間で2000万人近く減少と人口の6分の1が消えてしまう」と危機感を訴える。

「不動産投資は人口が増えている地域を狙えというのが基本だ」と指摘するが、「国立社会保障

...

この記事は会員限定です。
会員登録(無料)すると続きをお読みいただけます。

健美家会員のメリット

  1. 会員限定物件や非公開物件情報が見れる
  2. 最新のコラムニュース情報がメールで受け取れる

不動産投資ニュースのライターさんを募集します。詳しくはこちら


ニュースリリースについて

編集部宛てのニュースリリースは、以下のメールアドレスで受け付けています。
press@kenbiya.com
※ 送付いただいたニュースリリースに関しては、取材や掲載を保証するものではございません。あらかじめご了承ください。

最新の不動産投資ニュース

ページの
トップへ