• 収益物件掲載募集
  • 不動産投資セミナー掲載募集
  • 収益物件 売却査定

1,728アクセス

水に強い物件の選び方。97%の市町村で水害が発生。危険回避のために知っておきたい最低3つのこと

収益物件購入・売却/物件選び ニュース

内閣府防災担当による「市町村のための水害対応の手引き」(平成30年6月)によると、日本では
「平成19年から28年までの10年間に、全国の市町村の97%で1回以上の水害が発生。約半数の市町村で、10回以上もの水害が発生。一度も河川の氾濫などによる水害が起きていない市町村はわずか3%(56市町村)に過ぎない」
という。

内閣府の資料から。ほとんどの地域で水害が発生している
内閣府の資料から。ほとんどの地域で水害が発生している

昨年の豪雨災害は記憶に新しいところだし、それ以外でもゲリラ豪雨で危険を感じた経験は多いのではなかろうか。少し前には東京都江戸川区が「ここにいてはダメです」と避難を前提にしたハザードマップを作って話題にもなった。

今後もこの傾向が続くことを考えると水害に強い場所に住む、物件を選ぶ必要は長期的に安定した経営を考える上で欠かせないポイントだ。

そのためにはまず、公共の持っている情報をフルに使うこと。一番簡単なのは自治体が用意しているハザードマップだ。調べたいのが特定の自治体であればその自治体のホームページから見れば良いが、比較して探そうという場合であれば国土交通省ハザードマップポータルサイトが役に立つ。

トップページの右側にわがまちハザードマップというコーナーがあるので、調べたい自治体を地図あるいは市区町村名で選び、インターネット上に公開されていればその場で見ることができる。

例で挙げたのは新宿区の新宿駅周辺である。左側の神田川沿いが危険となっているのは容易に理由が分かるが、それ以外のところのあちこちにそれほどの水深ではないものの、浸水すると予測される地域があるのがお分かりいただけるだろうか。危険なのはこうした地域。

川、池などから遠い高台でも水害の危険はある
川、池などから遠い高台でも水害の危険はある

川や海、池など水の近くであれば多くの人は水害を心配する。だから、その土地が周囲から低地になっていないかどうかを気にするはずだが、全体が台地、高台と思っている場合にはそこまで意識はしない。特に建物が密集している地域であれば土地の高低は分かりにくい。

だが、新宿区のような全体としては武蔵野台地の中でも高台にある地域でも、その中には窪みがあり、川跡があり、そうした場所では浸水する可能性がある。降った雨がその地域の排水能力を超えた場合には逆流するなどの危険もある。

2つ目はピンポイントで自分が買いたい場所が周囲から見て低地、底に当たらないかを見るという視点。自分で周囲を歩いて高低をチェックするのが何より大事だが、その際、お伴としてお勧めしたいのは「スーパー地形」

土地条件図の上に現在地点を落としたもの。台地上におり、標高は30m近いことが分かる
土地条件図の上に現在地点を落としたもの。台地上におり、標高は30m近いことが分かる

基本的には有料のアプリだが、試用後、一部の機能はそのまま使える。GPSと連動させれば、現在地の標高を表示してくれるので、これを持ち歩けば周囲との標高差がかなり正確に分かる。

合わせて国土地理院の土地条件図を表示させれば、自分がいるのが台地上か、低地かなども分かるようになる。

3つ目のポイントは浸水しやすい建物になっていないかどうか。建物の高さ制限をクリアするために1階部分を公道などよりも低く作ってあるような建物の場合、周囲の水がそこに流れ込む可能性がある。

同様に形状がロの字型、コの字型などで、1階中央に低くなった中庭的な空間がある建物ではそこに水が集まり、1階住戸に浸水の可能性がある。一戸建てでも公道から半地下に駐車場を掘り下げてあり、その奥に住戸がある作りも危険がある。

集合住宅の場合、1階の浸水なら関係ないと思う人もいるかもしれないが、電気室その他の共用部が1階以下に作られている場合に建物全体に被害が及ぶので他人事ではない。

幸い、水の性格は分かりやすい。低いところに流れるだけである。その意味では低地にも微高地はあり、建物の作りで高くすることもできる。高低に注意し、周辺から物件へと視点を変えてチェックすれば危険は回避できるはずだ。

健美家編集部(協力:中川寛子)

健美家サイト会員登録で最新コラムやニュースをチェック!

健美家不動産投資ニュース

不動産投資ニュースのライターさんを募集します。詳しくはこちら


ニュースリリースについて

編集部宛てのニュースリリースは、以下のメールアドレスで受け付けています。
press@kenbiya.com
※ 送付いただいたニュースリリースに関しては、取材や掲載を保証するものではございません。あらかじめご了承ください。

最新の不動産投資ニュース

ページの
トップへ