• 収益物件掲載募集
  • 不動産投資セミナー掲載募集
  • 収益物件 売却査定

5,249アクセス

家賃滞納額300万円を家主が全額負担!「審査」と「督促」、甘さのツケはデカかった。

賃貸経営/トラブル ニュース

2019/04/18 配信

賃貸借契約において、家賃を払わない賃借人は不届き者としか言いようがない。しかも督促しても連絡をしても、居留守や嘘で塗り固められれば、怒りは倍増していくだろう。

家主が明け渡し手続きの依頼に来たときには、滞納額はすでに300万円超え。約2年間、家賃を払わずに滞納者は生活していたことになる。

なぜ滞納額がここまで増えてしまうまで、家主は法的手続きに着手できなかったのか。

3247601620052880cdac5286cf045b06_s

■以前、督促した賃借人が自殺。それが家主のトラウマとなった

家主にとって、トラウマがあった。以前滞納を繰り返す賃借人に、督促に行っても会えず、仕方なくドアに「連絡ください」と手紙を挟んだ。なぜ滞納なのか、もっと安い部屋に引っ越しした方がいいのではないかと、ただ話し合いたかっただけだった。だから恨み辛みは一切書かずに、ただ「連絡ください」それだけ。しかしその数日後、賃借人は電車に飛び込んだ。

消費者金融等からの借金が相当あったと、後から知った。家主からの手紙が直接死を決意させたのではなく、追い詰められていた賃借人がとってしまった最期の手段。しかしながら家主が思ったことは「こうも簡単に人は死を選んでしまうのだ」ということ。ただ話がしたか

...

この記事は会員限定です。
会員登録(無料)すると続きをお読みいただけます。

健美家会員のメリット

  1. 会員限定物件や非公開物件情報が見れる
  2. 最新のコラムニュース情報がメールで受け取れる

不動産投資ニュースのライターさんを募集します。詳しくはこちら


ニュースリリースについて

編集部宛てのニュースリリースは、以下のメールアドレスで受け付けています。
press@kenbiya.com
※ 送付いただいたニュースリリースに関しては、取材や掲載を保証するものではございません。あらかじめご了承ください。

ページの
トップへ