• 収益物件掲載募集
  • 不動産投資セミナー掲載募集
  • 収益物件 売却査定

2,982アクセス

太田垣章子の「トラブル解決!」今までで最もひどいゴミ屋敷。精神疾患の入居者のケース。

賃貸経営/トラブル ニュース

2020/02/20 配信

最近多くなってきたと感じるのは、精神疾患を抱えた賃借人のトラブル。これが本当に一筋縄ではいかない。心を病んでいるので、こちらのサポートが届かない。そして何よりご家族の協力がほとんど得られないのだ。

ゴミ屋敷だと思います! 何とかしてください

家主が事務所に駆け込まれた時は、部屋がゴミ屋敷になっているのではという懸念だった。持ってこられた写真には、ヒビが入った窓ガラスとその向こう側に物が溢れている様子が写し出されていた。

しかも割れたガラスの状態を見せてもらえないとのこと。毎年、配管の高圧洗浄の協力も得られない。つまり入居者は、部屋に立ち入ることを断固拒否。その理由が「対人恐怖症で他人が入室するだなんて耐えられない」ということだった。

さらに入居者は顔を合わすどころか、電話も出ない。書面にも反応しない。年に数回、滞納を詫びる内容や病気で対応できない旨の書面がくる程度だった。家賃も滞納気味。根気強い督促を続けて初めて入金される、そんな状況が5年ほど続き、家主も疲れ切っていた。

33fa0d834ab0b52939f661e76811b849_m

「たぶん部屋の中もゴミ屋敷だろうし、退去して欲しいのです」

滞納ではすぐに明渡判決はでるが、それ以外の理由で判決を取得すること

...

この記事は会員限定です。
会員登録(無料)すると続きをお読みいただけます。

健美家会員のメリット

  1. 会員限定物件や非公開物件情報が見れる
  2. 最新のコラムニュース情報がメールで受け取れる

不動産投資ニュースのライターさんを募集します。詳しくはこちら


ニュースリリースについて

編集部宛てのニュースリリースは、以下のメールアドレスで受け付けています。
press@kenbiya.com
※ 送付いただいたニュースリリースに関しては、取材や掲載を保証するものではございません。あらかじめご了承ください。

最新の不動産投資ニュース

ページの
トップへ