• 収益物件掲載募集
  • 不動産投資セミナー掲載募集
  • 収益物件 売却査定

1,574アクセス

住宅確保給金切れ、コロナ禍の滞納が増えてきた!「太田垣章子のトラブル解決!」

賃貸経営/トラブル ニュース

2021/04/15 配信

コロナに翻弄されて1年ちょっと。これが原因での失業者が10万人を超えたと発表もあり、世界中かもしれないが、日本は経済的ダメージを受けている。

仕事を失った人、減給になった人、残業代が減り手取りが減った人、賞与がなくなった人、様々な形で苦しい状況は続いている。

家を失ってしまうと、そもそも求職活動にも支障が出てしまう。何とか住む場所を確保するために、国は給付金等の援助をしてきた。

その最たるものは、住居確保給付金ではないだろうか。家主側や管理会社側からすると、家賃は行政から直接支払われるし、「これでやれやれだ」と安心感を得たはずだ。ところがここで安心しきっていはいけない。

住居確保給付金からの滞納が、今まさに始まっている。

スクリーンショット 2021-04-14 21.29.41

自分で払ったのは去年の6月が最後

明け渡しの手続の依頼を受けた。滞納額は4か月分の25万円弱。長期にわたっての滞納状況ではない、それが耳からの情報で判断した結論。しかし実際に交渉履歴を見てみると、唖然とした。

賃借人は住居確保給付金を受けており、実際に自分で家賃を払ったのは、要は昨年の6月が最後だったのだ。以降半年間、給付金として家賃が振り込まれていたのに過ぎない。この間、賃借人は

...

この記事は会員限定です。
会員登録(無料)すると続きをお読みいただけます。

健美家会員のメリット

  1. 会員限定物件や非公開物件情報が見れる
  2. 最新のコラムニュース情報がメールで受け取れる

不動産投資ニュースのライターさんを募集します。詳しくはこちら


ニュースリリースについて

編集部宛てのニュースリリースは、以下のメールアドレスで受け付けています。
press@kenbiya.com
※ 送付いただいたニュースリリースに関しては、取材や掲載を保証するものではございません。あらかじめご了承ください。

最新の不動産投資ニュース

ページの
トップへ