• 収益物件掲載募集
  • 不動産投資セミナー掲載募集
  • 収益物件 売却査定

2,628アクセス

初期対応を誤ると痛い出費に! 不動産投資初心者が知っておくべき「住まいのトラブル対処術」

賃貸経営/トラブル ニュース

2021/05/10 配信

4659885_m

不動産投資初心者が知っておくべき
住まいのトラブルとその対応

梅雨や台風シーズンは住宅のトラブルが起こりやすい。まだ経験が浅い自主管理の不動産投資家は、今から準備をしておいたほうがいいだろう。

そこで、住宅設備交換のプロであり、住まいのトラブル対応の経験も豊富な株式会社イナセの川田社長から、不動産投資初心者に向けてアドバイスをいただいた。

川田社長はTwitterを通じて、住まいのトラブルの対処法を発信している。
川田社長はTwitterを通じて、住まいのトラブルの対処法を発信している。

「6月くらいから給湯器の故障や雨漏り、8月からはエアコンの結露や配管の漏水などのトラブルが増えます。

地域にもよりますが、12月から2月は配管の凍結が多い。4月5月は比較的安定していますが、トラブルは年中起こっています」

自主管理の場合は、トラブルが起こったとき、まず大家に連絡がくる。そこでの対応を誤ると、コストも時間も大きく変わってしまう。なかでも特に対応次第でコストが大きく変わってしまうものをランキング形式で紹介してもらった。

住宅設備のプロが考える
初期対応が重要なトラブル3選

3位 トイレや洗濯機などの詰まり

「詰まっただけならまだしも、それを放置した結果、アパートの下の階の天井から漏水

...

この記事は会員限定です。
会員登録(無料)すると続きをお読みいただけます。

健美家会員のメリット

  1. 会員限定物件や非公開物件情報が見れる
  2. 最新のコラムニュース情報がメールで受け取れる

不動産投資ニュースのライターさんを募集します。詳しくはこちら


ニュースリリースについて

編集部宛てのニュースリリースは、以下のメールアドレスで受け付けています。
press@kenbiya.com
※ 送付いただいたニュースリリースに関しては、取材や掲載を保証するものではございません。あらかじめご了承ください。

最新の不動産投資ニュース

ページの
トップへ