• 収益物件掲載募集
  • 不動産投資セミナー掲載募集
  • 収益物件 売却査定

1,239アクセス

住まい探しのオンライン化で「バーチャルホームステージング」が人気! リピーター多く、成約率に貢献か。アットホーム加盟店など

賃貸経営/商品・サービス ニュース

2020/09/11 配信

ウィズコロナ時代の部屋探しで、オンラインで部屋探しをする人が増えている。そんな中、モデルルームのように住まいを演出するホームステージングを、バーチャルで行う動きが加速している。

リアルでホームステージングを行うには、家具や小物を用意したり、持ち運んだり、手間もお金もかかる。ホームステージングに興味があるものの、手が出せなかった人に朗報だ。

1
アットホーム株式会社による「ホームステージング支援サービス」。画像編集後の室内【アフター】。まるで本当に、家具や小物を配置しているように見える

ホームステージングの効果は絶大! 
一戸建ての売却期間は3分の1に短縮

ホームステージングとは、健美家読者なら、ご存知の方も多いだろうが、空室に照明やソファなどの家具を配置し、観葉植物やカトラリーなどの小物を設置しモデルルームのように演出することだ。

内見する人に、住まいの使い方を提案でき、実際にその部屋で暮らすイメージを具体的に抱かせることができる。そのため賃貸でも、売却でも、ホームステージングを行うことで、早期に成約できるケースが増えている。

日本ホームステージング協会の調査によると、ホームステージングを行うことで、一戸建ての売却日数は、約3分の1に短縮(ホームステージング白書2017)。

「ホームステージングが買主に影響を与えたと思うか」との問いに不動産仲介会社は、「ほとんどの買主に影響があった」42%、「一部の買主に影響があった」58%(ホームステージング白書2019) と回答しており、効果を実感している不動産仲介会社がほとんどなのだ。

2
画像編集前【ビフォー】。空室の室内に、実際にモノを配置することなく、画面上で、家具や家電を配置する。

静止画や360度パノラマなどの室内画像に
インテリアコーディネーターが選出した画像を配置

アットホームでは、2020 年 3月頃から一部エリアで「ホームステージング支援サービス」を始めた。サービスを利用した不動産会社から好評だったことに加え、コロナ禍でオンラインでの住まい探しのニーズが増してきたこともあり、8月3日より、全国のアットホーム加盟店でサービスを開始した。

室内画像に実在する家具等を選定・配置する「バーチャルホームステージング」と、実際にリアルな空間に、家具等を配置する「ホームステージング」の 2 プランあり、リアルで配置する場合は、バーチャルホームステージングで作成した画像に合わせてモノを配置していく。

では、バーチャルホームステージングでは、いったいどんなことができるのだろうか? アットホームの広報室を取材した。

「物件の写真や間取り図を参考に、インテリアコーディネーターがその都度、家具等を選定して配置します。『シンプル北欧トレンドスタイル』や『ナチュラルスタイル』など、大きくわけて5種類のスタイルから一番近いイメージをお選びいただけます」

ホームステージングにかかる家具や小物の購入や
搬入にかかる手間や費用を大幅にカット!

写真で見る限り、テーブルや椅子、冷蔵庫を置くだけでも、軽く10万円は超えそうである。実際に冷蔵庫や、家具を室内にセットするには、トラックを手配して、数人で持ち運ぶ必要があり、人件費や交通費も必要になり、かなりの労力がかかる。それが画像編集の技術でもって、パソコン画面上でできるとは、なんともありがたい。

バーチャルホームステージングを行うことで、どれだけ効果があるのだろうか?

「サービス開始から約1カ月が経過し、バーチャルホームステージングを複数回ご利用いただくリピーターさまも増えています。できあがった画像に関して、クオリティが高いとのお声を多くいただいております」

リピーターが増えているということは、空室が早く埋まるようになったなど、確かな効果が得られているということだろう。

気になるのは、バーチャルホームステージングにかかる金額であるが、一般的に、バーチャルホームステージングを行うWEB制作会社などでは、6000円〜1万円ほどの予算でできる。では、アットホームの場合は?

「本サービスはアットホーム加盟店さま限定のサービスになるため、金額や詳細については、加盟店にご相談ください」

アットホームの加盟店は、全国に5万7000店以上あり、こちらから検索できる。

ほかにも、三井リハウス三菱地所など大手企業がバーチャルホームステージングを導入している。

賃貸オーナーの中には、自らホームステージングを行う、器用で、センスのある人もいる。そうした人は、このようなサービスを利用するまでもなく、ホームステージングをどんどん行うべきであろう。ただし、ホームステージングが苦手な人や、億劫な人にとっては魅力的なサービスだといえそうだ。

健美家編集部(協力:高橋洋子)

健美家サイト会員登録で最新コラムやニュースをチェック!

不動産投資ニュースのライターさんを募集します。詳しくはこちら


ニュースリリースについて

編集部宛てのニュースリリースは、以下のメールアドレスで受け付けています。
press@kenbiya.com
※ 送付いただいたニュースリリースに関しては、取材や掲載を保証するものではございません。あらかじめご了承ください。

ページの
トップへ