• 収益物件掲載募集
  • 不動産投資セミナー掲載募集
  • 収益物件 売却査定

3,344アクセス

再建築不可でも収益に!10年で30余軒の空き家を再生。新たに元手要らずの家庭菜園ビジネスも

賃貸経営/まちづくり ニュース

2019/08/16 配信

大阪城の東にある城東区のほぼ中央に蒲生四丁目(通称がもよん)というまちがある。旧街道沿いで空襲に遭わなかったため、築100年以上もざらという古い住宅が残る人口密集地帯で、首都圏でいえば墨田区や足立区、中野区などのいわゆる木密地域に似た雰囲気がある地域だ。

古くから大阪を知っている人からすると「空き家の多いまち」「古いまち」と思われているようで、実際、商店街を歩いてみるとシャッターの閉まっている店も目立つ。だが、その一方で空き家を活用、飲食店などに利活用されている建物が多く、大阪でも変化が起きているまちのひとつである。

きっかけとなったのは2008年にイタリアンレストランとして再生された築120年の米蔵。この地域には古い建物が多く残ってはいるものの、古民家というほど趣きのある建物はごくわずか。

再生されたのはそのうちのひとつで、当初は和風の趣きを活かして蕎麦店として再生しようという計画があった。そこにイタリアンを提案、実現したのは現在もこの地域で空き家再生を手がけるR PLAY OFFICEの和田欣也氏

こちらは駅近くの古民家を利用したピザなどがメインのイタリアン。古い梁、柱が目を惹く人気店だ
こちらは駅近くの古民家を利用したピザなどがメインのイタリアン。古い梁、柱が目を惹く人気店だ
...

この記事は会員限定です。
会員登録(無料)すると続きをお読みいただけます。

健美家会員のメリット

  1. 会員限定物件や非公開物件情報が見れる
  2. 最新のコラムニュース情報がメールで受け取れる

不動産投資ニュースのライターさんを募集します。詳しくはこちら


ニュースリリースについて

編集部宛てのニュースリリースは、以下のメールアドレスで受け付けています。
press@kenbiya.com
※ 送付いただいたニュースリリースに関しては、取材や掲載を保証するものではございません。あらかじめご了承ください。

最新の不動産投資ニュース

ページの
トップへ