• 収益物件掲載募集
  • 不動産投資セミナー掲載募集
  • 収益物件 売却査定

2,146アクセス

【ルポ】店舗付き住宅投資の成功事例A(ルームシェア編)

賃貸経営/空室対策 ニュース

2017/02/06 配信

前回は店舗付き住宅の土間部分をバイク置き場、ペット飼育に使っている例をご紹介した。ガレッジハウスには他にも多様な使い方があるが、「その手があったか」と驚いたのはスナックそのままで住宅として貸したという例。

前回に引き続き、東武東上線上福岡駅にある物件を、地元出身で企画、管理を担当しているPM工房社の久保田大介氏にご案内いただいた。

住宅街と商業地域の間にある通りに面した物件。2戸連棟式で周辺には同様の建物が多数。スナックとして経営されている建物もある
住宅街と商業地域の間にある通りに面した物件。赤と白の外観の2戸連棟式で周辺には同様の建物が多数。スナックとして経営されている建物もある

今回訪れた物件は駅から5分ほど、周囲にもスナックの多い地域で、建物は2戸連棟。そのうちの1戸が元スナックで、空いた時、地元の不動産会社は再度スナックを入れようと募集をしてくれた。

■スナックの写真利用で人目を惹く

しかし、久保田氏はスナックではなく、普通に住戸として貸そうと決意。しかも、看板などは外したものの、ドアや外観、1階の大部分はスナック当時のままで募集を開始した。広告使用の写真もスナックということが分かるものを利用した。

「一般に大手ポータルサイトではトップには外観か、間取り図を使うことを推奨しています。しかし、それではどの物件

...

この記事は会員限定です。ユーザ会員登録すると続きをお読みいただけます。

不動産投資ニュースのライターさんを募集します。詳しくはこちら


ニュースリリースについて

編集部宛てのニュースリリースは、以下のメールアドレスで受け付けています。
press@kenbiya.com
※ 送付いただいたニュースリリースに関しては、取材や掲載を保証するものではございません。あらかじめご了承ください。

最新の不動産投資ニュース

ページの
トップへ