• 収益物件掲載募集
  • 不動産投資セミナー掲載募集
  • 収益物件 売却査定

6,585アクセス

大量供給の「無個性ワンルーム」を変えるカンタン技!床、壁とキッチンだけで家賃アップ。目から鱗のキタノ式とは?

賃貸経営/空室対策 ニュース

2019/02/08 配信

東京都八王子市。1970年代以降に大学の郊外移転が相次いだ時期に学生を対象にしたワンルームマンション、アパートが大量に作られた地域である。近年、その大学のいくつかが都心回帰し始めていることは首都圏の投資家であればご存知だろう。

アパートキタノも水回りは3点ユニット。だが、それでも選ばれるのは……
アパートキタノも水回りは3点ユニット。だが、それでも選ばれるのは……

そのためもあり、八王子市では中古ワンルームが過剰な状態にある。専有面積でいえば18uから広くても20uほど、最近ではあまり好まれないバス、トイレ、洗面所が一体になった3点ユニットの水回りを備えた物件が、極言すれば溢れている状況なのだ。

賃料は3万円〜3万円5000円ほどで、今後、築年が古くなればさらに下がる可能性もある。しかし、賃料を下げ続けるだけでは経営に未来はない。

そんなワンルームを再生する妙手がキタノ式である。京王線北野駅から徒歩10分、坂の上にあるアパートキタノを所有者から託され、再生を手掛けるハンディハウスプロジェクトの加藤渓一氏が提唱するやり方だ。

入居者を待つDIY可の部屋。床と壁、キッチンが大きく変わっている
入居者を待つDIY可の部屋。床と壁、キッチンが大きく変わっている

といっても難しいことはない。壁、床を合板などでビス止め、DIY可、原状回復無し

...

この記事は会員限定です。ユーザ会員登録すると続きをお読みいただけます。

不動産投資ニュースのライターさんを募集します。詳しくはこちら


ニュースリリースについて

編集部宛てのニュースリリースは、以下のメールアドレスで受け付けています。
press@kenbiya.com
※ 送付いただいたニュースリリースに関しては、取材や掲載を保証するものではございません。あらかじめご了承ください。

最新の不動産投資ニュース

ページの
トップへ