• 完全無料の健美家の売却査定で、できるだけ速く・高く売却

×

  • 収益物件掲載募集
  • 不動産投資セミナー掲載募集

賃貸市場、次の繁忙期で苦戦するのは築浅物件? 高かった新築の家賃維持をはかる奥の手とは。

賃貸経営/空室対策 ニュース

2021/10/20 配信

ここ数年新築の家賃が高い。円安やウッドショックで建築価格の高騰し、高い建築費で利回りを確保するためにも強気の家賃設定が多かったためだ。

そしてその高い家賃の物件が、築1年2年3年で退去を迎える。次の繁忙期で、この築浅の空室が増えるのではないか。その仮説と対策について今回は論じたい

■高い新築の家賃相場。
とはいえ、日本人は「新築」が大好き

新築は気持ちいい。誰も触っていないドアを開け、だれも使っていない部屋でくつろぎ、誰も座っていない便座に座る。厳密には、内見や工事で誰かが接触している可能性は高いのだが、それでも新品は気持ちが良い。

賃貸物件でも新築の人気は高い。それだけに「新築プレミアム」と言われるように新築の家賃は高い。高くても人気だから決まる。それにしても昨今の家賃相場は、新築はかなり高い。

新築物件は人気だ。それだけに家賃は相場よりも高い
新築物件は人気だ。それだけに家賃は相場よりも高い

■新築は、築古の倍の家賃

新宿区のスーモ掲載物件の築年別賃料平均と㎡単価(2021年9月22日プリンシプル住まい総研調べ)
新宿区のスーモ掲載物件の築年別賃料平均と㎡単価(2021年9月22日プリンシプル住まい総研調べ)

実際、どのくらい、新築と築古で差があるのだろう。

図は、スーモに掲載されている物件の築年別の賃料平均である。新築では19.6万円とさすが

...

この記事は会員限定です。
会員登録(無料)すると続きをお読みいただけます。

健美家会員のメリット

  1. 会員限定物件や非公開物件情報が見れる
  2. 最新のコラムニュース情報がメールで受け取れる

執筆:上野典行(うえののりゆき)

上野典行

■ 主な経歴

プリンシプル住まい総研 所長。1988年リクルート入社。
大学生の採用サイトであるリクルートナビを開発後、住宅情報タウンズ・住宅情報マンションズ編集長を歴任。現スーモも含めた商品・事業開発責任者に従事。 2008年より賃貸営業部長となり2011年12月同社を退職し、プリンシプル・コンサルティング・グループにて、2012年1月より現職。
All Aboutガイド「賃貸」「土地活用」。日管協・研修副委員長。全国で、講演・執筆・企業コンサルティングを行っている。

※ 記事の内容は執筆時点での情報を基にしています。投資等のご判断は各個人の責任でお願いします。

アクセスランキング

  • 今日
  • 週間
  • 月間

不動産投資ニュースのライターさんを募集します。詳しくはこちら


ニュースリリースについて

編集部宛てのニュースリリースは、以下のメールアドレスで受け付けています。
press@kenbiya.com
※ 送付いただいたニュースリリースに関しては、取材や掲載を保証するものではございません。あらかじめご了承ください。

ページの
トップへ