• 収益物件掲載募集
  • 不動産投資セミナー掲載募集
  • 収益物件 売却査定

4,461アクセス

空き家築古物件をDIY主体で改装、大家宅の使い方で化ける期待も

賃貸経営/DIY ニュース

2018/12/21 配信

小田急線向ヶ丘遊園駅から歩いて10分。生田緑地内にある築古2棟を購入、DIY主体に改装した物件「CROSS COURT Mukogaoka」を見てきた。昭和44年、昭和48年とそれぞれ49年、45年と築古で、しかもここ数年は空き家になっていたという。

こちらが築45年のU号棟。左側の小屋が洗濯機置き場、中央にあるのがバーベキューコーナー。黒い塗装が目を惹く
こちらが築45年のU号棟。左側の小屋が洗濯機置き場、中央にあるのがバーベキューコーナー。黒い塗装が目を惹く

オーナーである夏山栄敏氏によると購入後は白アリ、ハクビシンに害虫の駆除などから始め、外壁塗装、建物の傾き修正、擁壁の崩れの補修、浄化槽から下水道への変更、内壁塗装、水回りや間取り位の変更、その他やるべきことは多々あったという。2018年1月に購入後、一通りの改修が終わったのが9月、改修などにかかった総経費3300万円というから、その手間たるや、大変だったに違いない。

元々はオーナーの自宅だった堂々たる玄関。プロの手を借りながらも自分たちでDIYを行い、ここまできれいにしたという
元々はオーナーの自宅だった堂々たる玄関。プロの手を借りながらも自分たちでDIYを行い、ここまできれいにしたという

だが、訪れて見ると、特に前オーナーの自宅だった昭和44年築の建物は玄関からも分かるように、相当費用をかけて建築されたもの。キッチンのようにほぼそのまま使える部分もあ

...

この記事は会員限定です。
会員登録(無料)すると続きをお読みいただけます。

健美家会員のメリット

  1. 会員限定物件や非公開物件情報が見れる
  2. 最新のコラムニュース情報がメールで受け取れる

不動産投資ニュースのライターさんを募集します。詳しくはこちら


ニュースリリースについて

編集部宛てのニュースリリースは、以下のメールアドレスで受け付けています。
press@kenbiya.com
※ 送付いただいたニュースリリースに関しては、取材や掲載を保証するものではございません。あらかじめご了承ください。

最新の不動産投資ニュース

ページの
トップへ