• 収益物件掲載募集
  • 不動産投資セミナー掲載募集
  • 収益物件 売却査定

6,187アクセス

入居者DIY事例@ バス・トイレ室の塗り替えだけで「気分も快適。愛着が湧いて3度目の更新も?」

賃貸経営/DIY ニュース

2019/02/14 配信

前回、DIY賃貸のメリットについて紹介したが、今回からは入居者やオーナーによるDIY事例を紹介していく。

第1回目は、築40年の賃貸物件に住むAさん(男性・40代)による、バス・トイレ室の塗り替え事例。補修やメンテナンス性を高めるためのDIYで、かなり生活が快適になったようだ。

■最初のきっかけは温水洗浄便座
もともとAさんは、比較的新しい賃貸物件に住むことが多く、DIYをするようなことはなかったそうだ。今の物件は、通勤に便利で駅近ということで決めたため、「バス・トイレ・洗面室が一緒だったり、網戸がなかったりと、古い物件らしい不便さもあるけど、特に気にしなかった」という。

ただ実際に住み始めてみると、冬、バス・トイレ室がとにかく寒い!「お風呂に入るときは湯を張れば蒸気で温まりますが、トイレのときはそうもいかない。便座に座るのに“心の準備”が必要でした(笑)」。

そのつどヒーターを持ち込んだりもしたが、根本的な解決にはならないため、温水洗浄便座を付けられないか考えた。最初は管理会社に追加設備を希望しようと思ったそうだが、「それを理由に家賃が上がるのはいやだな」と思い、とりあえず家電量販店に行くと「

...

この記事は会員限定です。
会員登録(無料)すると続きをお読みいただけます。

健美家会員のメリット

  1. 会員限定物件や非公開物件情報が見れる
  2. 最新のコラムニュース情報がメールで受け取れる

不動産投資ニュースのライターさんを募集します。詳しくはこちら


ニュースリリースについて

編集部宛てのニュースリリースは、以下のメールアドレスで受け付けています。
press@kenbiya.com
※ 送付いただいたニュースリリースに関しては、取材や掲載を保証するものではございません。あらかじめご了承ください。

最新の不動産投資ニュース

ページの
トップへ