• 収益物件掲載募集
  • 不動産投資セミナー掲載募集
  • 収益物件 売却査定

1,842アクセス

DIY入居者が退去後、「再賃貸可能かどうか」が判断基準。DIY賃貸、不動産会社の取り組み・後編

賃貸経営/DIY ニュース

「センスある感度の高い」入居者を選ぶことで、DIY賃貸のクオリティを担保する方法をとっている岩崎興業地所。

トップクラスの入居者によって、「こんな風に変わるんだ!」とびっくりするくらい、物件が生まれ変わっているという。そんなDIYビフォー・アフターの姿を、岩崎さんはSNSなどで発信するとともに、昨夏にはDIY賃貸の魅力を伝えるコミュニケーションツールとして“ZINE”も作成した。

「当社のDIY賃貸を知ってもらうとともに、敷居が高いと思われている不動産会社の垣根を低くできればと思って作りました」。

コミュニケーションツールとして作成したZINE、リーフレット
コミュニケーションツールとして作成したZINE、リーフレット

写真?−1 写真?−2

“プロレベル”の入居希望者による提案書
“プロレベル”の入居希望者による提案書

■常に「再賃貸可能か」を念頭に

さて、DIY賃貸を考えるとき、常に岩崎さんが念頭に置いているのが「再賃貸」だ。DIY可能とした結果、あまりにも個性的なデザインになってしまうと、次の入居者を募集したときに入居希望者の範囲が狭まってしまう。オーナー側がDIY賃貸に踏み切れない大きな理由の1つでもある。

そのために前編でも紹介したように、入居希望者の「センス」を重視しているのだが、その際に選ぶ側の「センス」に偏ってしまう可能性もある。

その部分について、岩崎さんは「入居希望者から示される提案内容をみて、再賃貸での客層がイメージできるかどうかを考えています。そうすれば、どの情報サイトに掲載すれば入居希望者が集まりやすいか、といったことも想像できますし、こちら側の好みに偏ることもありません。マーケットニーズに合っているかが判断基準」と話す。

具体的には、レインズやアットホーム、SUUMOといった不動産情報サイトだけでなく、R不動産やRストア、DIYP、グッドルームといったDIY・リノベーション物件の賃貸情報サイトなどにもチャンネルを持ち、その物件がどの媒体ニーズと合致しているか、どの担当者に“刺さりそうか”を検討する。

場合によっては、事前に媒体担当者に図面を見てもらい、次回以降の募集を見据えた上で、DIY賃貸入居者と工事内容を詰めることも多いそうだ。そのため、岩崎さん自身も常に媒体側の情報をアップデートし、主要な媒体については、担当者に加え責任者とも関係を構築し情報交換を欠かさないよう心がける。

さらに最近では、こういった取り組みについての問い合わせが増えてきたため、会社としてDIY賃貸も含めた賃貸募集のコンサルティング・相談業務もスタートした。

写真?

DIY after
DIY after

■幅広いネットワークで入居者をフォロー

また同社には、リノベーション物件を手がけてきた経験から、設計からデザイン、工事会社などとのネットワークがあることも強み。岩崎さん自身も、そういったパートナーとのやり取りからノウハウや感覚を学んできたという。

またDIY賃貸入居者が困ったときには、フォローをお願いすることもあるとか。「以前、リノベ物件の入居者がDIYしたいということで、懇意にしている工務店を紹介し、道具類の貸与からペンキの塗り方までフォローしてもらったこともありました。そういうことがお願いできる関係性は非常に重要です」と話す。

一方で、不動産会社として、DIYを行う入居者を一挙一動サポートすることは、時間・人的にも難しい。だからこそしっかりとDIY後のイメージが持てる人、ある程度の技術レベルを満たす人を選んでいるが、「将来は未経験の人にも入居してもらい、DIYを通じて自分らしい住まいを実現してほしい」とも考えている。DIY賃貸の普及を目指す上でも、「入居者育成」が欠かせないと感じているという。

■DIY人口増やす“場作り”も

「入居者育成」を不動産業者自らが行うには限界がある。しかし「そういった“場”を地域に作ることはできる」と考え、駒岡にある管理物件の倉庫に、家作りをサポートする建築家集団「HandiHouse」を誘致。昨年秋に“住まいの実験室”として「HANDI LABO」がオープンした。

建築や住宅、まちづくりに関するイベントに加え、今後はシェアオフィス・シェアアトリエとしての利用もできるようになることから、「こういった場所を通じて、DIYに興味を持ったり、実際にものづくりを体験したりすれば、入居者自身のDIYに対するハードルも下がると思います」。裾野が広がりDIY賃貸が認知されていけば、市場も拡大すると期待を寄せている。駒岡発信のDIY賃貸のムーブメントの行方が楽しみだ。

「HANDI LABO」
「HANDI LABO」

健美家編集部(協力:玉城麻子)

健美家サイト会員登録で最新コラムやニュースをチェック!

健美家不動産投資ニュース

ページの
トップへ