• 収益物件掲載募集
  • 不動産投資セミナー掲載募集
  • 収益物件 売却査定

2,154アクセス

トイレで金運アップ!簡単DIYで温水洗浄便座に交換したら、空室がどんどん契約に!その作業方法と注意点とは。

賃貸経営/DIY ニュース

健美家不動産投資ニュース

人気の設備として常に上位に挙げられ、生活には必需品ともいえる温水洗浄便座。管理会社も、入居付けのために挙って提案する設備である。

コンセントがあれば電気工事は不要、取付け作業は簡単な為、時間に余裕があるオーナーは是非行って欲しい作業である。古くなった温水洗浄便座をグレードアップしたい場合や、故障の為に交換が必要になった場合にも、この作業ができれば重宝することだろう。

今回は、一般の住居に多いロータンク式水栓トイレの温水洗浄便座の交換方法について紹介する。

使用する道具はウォーターポンププライヤー、プラスとマイナスドライバーだ
使用する道具はウォーターポンププライヤー、プラスとマイナスドライバーだ

作業前に確認すべきは2つ
コンセントの有無とボルトがはずせるか

この作業には外せない条件が二つある。一つ目は、トイレに電気のコンセントがあること。二つ目は、便座を止めているボルトが外せることだ。

築古の物件などでは、便座のボルトも古くさび付いている場合がある。ボルトがサビて固い場合は、防錆潤滑剤をかけて緩める方法を試す。

それでも動かない場合、酷い状態によっては水道工事店へ依頼しなくてはならない。以上の2つの条件がそろっていないと、自分で取り付ける事は不可能である。

また、取り付ける温水洗浄便座を購入する前に、今ついている便座のメーカー名、型、寸法(特に便座取り付けボトル用の2つの穴の間隔は重要である)、そして、トイレ室内の寸法、便器、壁、ロータンクの位置を細かく測る。

これらのデータなしでは、取り付ける温水洗浄便座の機種を選ぶ事ができない。また、止水栓とロータンクの距離の長短によっては別売りのホースが必要になる場合もあるため、購入先で要確認だ。

店頭ではなく、ネットで温水洗浄便座を購入する際に気を付けたい事は、付属されている部品である。基本的には付属されている物が、別売りになっている場合もあるからだ。フレキホースと呼ばれる給水管が付属されていない場合は、別売り品または市販品をホームセンターなどで購入しなくてはならない。

各メーカー、特にコスパをうたい文句にしているモデルには付いていないことが多い。その他、分岐金具の種類を確認することも重要だ。既設の取り換えで、分岐金具の種類によっては、止水栓自体を変える必要があるためだ。

止水栓とは、タンクの中に送る水を止めたり、水量の調節をする水栓である(1)
止水栓とは、タンクの中に送る水を止めたり、水量の調節をする水栓である(1)

・元の便座を取り外す作業

まず元の便座を土台からはずす。付属の工具、あるいはプライヤーで便座の裏に止められている便座取り付けボトル用のボルトを2本外す。

これで便座は取り外せるのだ。あとは、止水栓をマイナスドライバーで閉めて水を止め、ロータンクの中の水を抜く(1)。ロータンクの蓋を持ち上げ、手洗管とジャバラ管をつないでいるネジを外し、蓋を取る。プライヤーで給水パイプを取り外し、ロータンクの内側のボールタップをしっかり押さえ、外側のナットをゆるめて古いパイプ、またはホースを外す(2)。

パイプやホースの取り付け、取り外しの際、部品を傷つけたくなければあて布をするとよい(2)
パイプやホースの取り付け、取り外しの際、部品を傷つけたくなければあて布をするとよい(2)

・新しい便座を取り付ける作業

分岐金具を止水栓に取り付ける。この時、必ず付属のパッキンを忘れてはいけない。フレキホースを、分岐金具とロータンクの給水口につなぐ。先ほど便座を取り外した土台の便器の穴に、付属のベースプレートを置き、ボルトで締める。

参考写真はベースプレートがなく、直接ボトルをはめるタイプだ
参考写真はベースプレートがなく、直接ボトルをはめるタイプだ

その上から温水洗浄便座本体をのせ、あらかじめ取り付けておいたベースプレートに本体をロータンクへスライドさせ、カチッと音がするまで奥へ押し込む。機種によっては、ボルトだけで固定する。

連結ホースを温水洗浄便座本体に付け、もう一方の端を分岐金具に繋げば出来上がりだ
連結ホースを温水洗浄便座本体に付け、もう一方の端を分岐金具に繋げば出来上がりだ
部品の取り付け図
部品の取り付け図

最後にタンクの蓋をもどし、止水栓を開いてタンクに水をため、水の流れに不具合がないか確かめる。コンセントに繋ぎ、温水洗浄機の試運転と共に、水漏れの確認を行う。

特に、給水ホースが正しく取り付いていない場合は、重大な水漏れの原因となるので要チェックだ。水漏れしないように、袋ナットを最後まで確実に締め付ける。しかし、締め付けすぎるとパッキンが切れてしまうので力加減が必要だ。

上記の部品取り付け図に従って大まかな流れを説明すると、手順は以下の7つである。
・古い便座のボルトを抜いて取り外す
・止水栓を閉めて水を止める
・ロータンクから古いパイプ、またはホースを外す
・新しい分岐器具を止水栓へ取り付ける
・ロータンクと分岐器具へ新しいパイプ、またはホースをつなぐ
・新しい便座を便器へボルトで固定する
・連結ホースを便座と分岐金具へ取り付ける

トイレを綺麗にすると金運が上がる、という話は誰でも一度は聞いたことがあるはずだ。かく言う筆者も今回の記事を書くにあたり、便器を磨きながら便器について思案し、温水洗浄便座を取り付ける作業をもくもくとこなした結果、4ヶ月続いた空室3部屋中の内、2部屋の契約決定、1部屋は審査中という結果になった。

どんな築古物件であっても、トイレが綺麗だと気持ちがいい、という事は明明白白だ。

健美家編集部(協力:合同会社Noi 西山絵里香)

健美家サイト会員登録で最新コラムやニュースをチェック!

不動産投資ニュースのライターさんを募集します。詳しくはこちら


ニュースリリースについて

編集部宛てのニュースリリースは、以下のメールアドレスで受け付けています。
press@kenbiya.com
※ 送付いただいたニュースリリースに関しては、取材や掲載を保証するものではございません。あらかじめご了承ください。

最新の不動産投資ニュース

ページの
トップへ