• 収益物件掲載募集
  • 不動産投資セミナー掲載募集
  • 収益物件 売却査定

3,107アクセス

また値上がり、地震保険料。平均5%UP。火災保険料も4年ぶり、5〜9%UP

賃貸経営/保険 ニュース

2019/06/26 配信

大家の強い味方となる地震保険に火災保険だが、これらが相次いで値上がりすることが発表された。地震保険は、今年1月1日に値上がりしたばかりだが、3段階に分けて、段階的に値上がりし、次が3回目の値上がりとなる。

損害保険料率算出機構が5月28日、金融庁に届け出た改定案では、保険料は全国平均で今よりも5.1%引き上げられる。火災保険は、今年10月に、4年ぶりに平均5〜10%上がることが損害保険大手4社の発表により明らかになった。どれぐらい負担が増えるのか、チェックしておこう。

1

●最大の引き上げ率は、福島県で+14.7%

今回、損害保険料率算出機構が金融庁に届け出た、値上がりの詳細は次の2つ。1つは、基本料率を全国平均で+5.1%引き上げる。改定率は「都道府県」と「建物の構造区分(イ構造・ロ構造)」の組み合わせにより異なり、最大の引上げ率は+14.7%(福島県のロ構造)、最大の引下げ率は−18.1%(愛知県、三重県、和歌山県のイ構造)となる。もう1つは、長期契約の地震保険料の割引の見直しとなり、割引率が縮小される。

地震保険値上げ
金融庁に提出された地震保険料の値上がり(上)基本料率(下)保険料例 出典:損害保険料率算
...

この記事は会員限定です。
会員登録(無料)すると続きをお読みいただけます。

健美家会員のメリット

  1. 会員限定物件や非公開物件情報が見れる
  2. 最新のコラムニュース情報がメールで受け取れる

不動産投資ニュースのライターさんを募集します。詳しくはこちら


ニュースリリースについて

編集部宛てのニュースリリースは、以下のメールアドレスで受け付けています。
press@kenbiya.com
※ 送付いただいたニュースリリースに関しては、取材や掲載を保証するものではございません。あらかじめご了承ください。

ページの
トップへ