• 収益物件掲載募集
  • 不動産投資セミナー掲載募集
  • 収益物件 売却査定

4,608アクセス

大家さん宅建士急増中。大家仲間だからこそ有効なwin-winの勉強法で宅建合格を目指す!

賃貸経営/資格 ニュース

2019/12/27 配信

大家仲間の間で、まことしやかに囁かれている宅建試験の「必勝勉強法」があるのをご存知だろうか?

数年前に「宅地建物取引主任者」が「宅建士」に格上げになったこともあり、国家資格である宅建試験が難化している。そのうえ、現役大学生が「就職活動でアピールできる資格」として取得を目指すなど、久しぶりに勉強する大家にとっては、合格ラインの成績上位15〜17%に入ることが厳しくなっている。つまり、いかに効率よく合格点を取れるよう勉強するか、が肝になってくるのだ。
テキスト

ちなみに、宅建受験の勉強方法は主に3つだ。@資格予備校などに通う、A通信講座やウェブ講義を受講する、B市販テキストや過去問を購入し、独学で勉強する。

どれも費用や自由度などでメリット、デメリットがあるので、自分の性格や勉強スタイルを鑑みて選んでほしい。
ただ、どの方法を使っても、10月中旬の試験本番までモチベーションを持続させることが難しい。そこでおススメなのが、大家仲間で協力して受験勉強をする方法だ。

◆SNSグループを最大限に活用!

SNSが発達していることを利用して、LINEやMessengerなどで「宅建受験グループ」を作り、大家仲間同士でお互いに応援し合い、情報交換をするのだ。

B独学だと孤独なので当然だが、@資格予備校やA通信講座などで勉強していても、長丁場の試験勉強では意欲を維持するのが難しい。また、有益な情報をネットの海の中から探し出すことにも自分一人だと時間がかかる。

しかし、グループ内でそれぞれが集めてきた情報を共有する場合は、紆余曲折や思い悩む時間をショートカットすることができるのだ。

もちろん、ブログでつながりのある大家さんと切磋琢磨する方法もある。ブログを書くことで自分の勉強日誌にもなるし、他の大家さんのブログを読み、「あの大家さんもがんばっているな。自分も負けないぞ!」と発奮されるからだ。

ただ、同じ年度に受験する場合、一般の人にも公開されているブログに、他の受験生にとっても有益な情報を書くのは気持ち的に憚られるのではないだろうか?なにしろ成績の上位15%程度しか合格できないからだ。

ところが、元々知り合いの大家同士、それも少人数のクローズドのグループの場合は他の受験生への影響は少ない。かえって、少人数の仲間同士では情報交換して協力した方がwin-win になるのだ。

例えば、通勤途中や隙間時間で利用できる宅建勉強アプリはたくさんあるが、ウェブ上の口コミは玉石混合だ。使い勝手は実際試してみないとわからない。

しかし、グループ内で「このアプリはこの点が便利だった」とか「このアプリはここがイマイチ」というのをストレートに評価しあうことで、自分にとっての最適アプリを素早く取捨選択できる。

ちなみに宅建試験では、1つの問題に対して解答の選択肢が4つある。解答が4つなので、マグレで選んでも正答に当たる場合がある。試験本番ではマグレでも当たればラッキーだが、受験勉強の初期には一つ一つの知識をしっかり固めることが必要だ。

そのため、アプリの選択も勉強時期によって変える方法もある。「最初に基礎固めをしたいから、1問1答式のアプリから始めてみる」「いや、私は本番試験と同じく最初から解答が4肢ある方がいい」など、各自の取り組み方も含めて、アプリの紹介を投稿し合うのも手だ。

また、有名講師による試験対策用の無料WEB動画も、「新しい動画が今日配信された」「この動画がおススメ」といった情報を、早くキャッチした者から仲間内SNSにリンクをつけて流す。

解き方がわからなかった問題や、解説を読んでも意味がわからなかった場合、グループ内で一緒に議論することもできる。また、問題によっては「正しいものを答えろ」はなく、「間違っている答えはどれか?」「違反している答えはどれか?」という意地が悪い場合がある。
間違っているものを探せ!ピンク
違反はいくつ?

解答の仕方のコツや、マークシートに転記するときのうっかりミスを防ぐ方法など、各自が編み出した方法を写真付きで披露しあうこともできるのだ。

宅建マンガのおススメを教えあったり、数人で1か所に集まり過去問を本番通りの時間帯で模擬試験として解いてみたり、1〜3日間の短期集中型の学校に一緒に申し込むなども、クローズドの大家仲間ならではだ。
宅建漫画

◆勉強が習慣化するアプリ「みんチャレ」

そして最近は、「みんチャレ」という5人一組になって毎日自分のチャレンジを報告するアプリもある。これは、勉強やダイエット、運動などを習慣化するために開発された無料のアプリだ。
みんチャレ

このアプリの仕組みが面白いのは、1日1枚しか自分のチャレンジした記録写真をアップできないことだ。早朝4時を過ぎると、その日(つまり前日分として)のチャレンジ写真としてはアップできない。また、ズルをしようと、今日ではなく過去の写真をアップしようとしてもアプリ側でアップできないように制御している。

「みんチャレ」での勉強方法は、まず5人一組を作る(5人未満でも大丈夫)。そして、その日に自分が勉強したことを写真とともに毎日アップする。例えば、勉強したテキストや問題集のページの写真を撮り、そこに「今日は2ページやりました!」とか、「今日は5分しか勉強できませんでした」とコメントを付けて投稿するのだ。

それを他の4人の仲間達が見て、「いいね!」のようなボタンを押す。もし数日間まったく写真を投稿しないと、アプリのシステムが強制的にそのメンバーを退出させる仕組みもある。ちなみに、退出させられても他の仲間からもう一度招待してもらえれば、元に戻ることができる。しかし、投稿を続けないとペナルティがある、という点が緊張感を作るのだ。

このアプリを使うと他の仲間が頑張っていることを毎日確認できるため、自分のモチベーションも維持される。そして、忙しくて全然勉強する時間がなかったとしても、「寝る前に5分でもいいから勉強して投稿しよう!」と思えるのだ。

実際、こういったSNSのクローズド・グループでの情報共有や、「みんチャレ」アプリなどを使って、大家仲間で切磋琢磨し、合格を勝ち取った人達がいる。彼らは「みんなの頑張りに励まされて、合格できた!」「自分一人だったら、きっとサボってたと思う…。ありがとう!」など成果を認めている。残念ながら合格できなかった人もいるが、試験直前に急激に点数を伸ばすことができたのは、「みんなが最後まで頑張り続けた姿が見えたから」という。

来年は民法大改正で問題も難しくなるだろう。初めてチャレンジする人は、改正後の民法から勉強するので問題ないかもしれないが、再チャレンジ組は今まで覚えた知識と答えが真逆になる場合もあるので注意してほしい。

筆者は宅建仲間のおかげで無事合格
筆者は宅建仲間のおかげで無事合格

宅建にチャレンジしてみようと思っている大家さんは、ぜひ上記の方法を試してほしい。「落ちたら恥ずかしいから…」とこっそり一人でがんばるのではなく、有言実行してみる。そして、自分から大家仲間に呼びかけて、みんなで切磋琢磨しながら勉強し合うのだ。

来年の受験後に仲間同士で慰労会をする場合も、苦楽を共にした仲間であればより一層楽しいはずだ。

健美家編集部(協力:野原ともみ)

不動産投資ニュースのライターさんを募集します。詳しくはこちら


ニュースリリースについて

編集部宛てのニュースリリースは、以下のメールアドレスで受け付けています。
press@kenbiya.com
※ 送付いただいたニュースリリースに関しては、取材や掲載を保証するものではございません。あらかじめご了承ください。

ページの
トップへ