• 収益物件掲載募集
  • 不動産投資セミナー掲載募集
  • 収益物件 売却査定

2,728アクセス

投資は自己責任。投資家・家主に警鐘、サブリースはメリットだけでなくリスクも考えて!

賃貸経営/管理・管理会社 ニュース

2018/03/20 配信

会社員・自営業者・地主などが、賃貸アパート・マンションを経営する場合、不動産のプロの智恵を借りて運営することも多い。本業を別に持っていて、副収入目的の収益物件運営であれば、その経営に多くの時間は割けないからだ。

そこで、プロである賃貸管理会社にお願いするケースとして多いのがサブリースだ。

サブリースは、直接の借り主は管理会社になるため、実際の入居者の有無にかかわらず、一定の家賃収入を受け取ることができる。家主側からは、賃貸経営が安定すると考えて人気だ。

国土交通省の資料によると、管理会社に委託している賃貸住宅の数は807万戸ほどあり、日本賃貸住宅管理協会(日管協、会員数約1200社)によると、協会会員が管理する数が550万戸で68%ほどをカバーする。

このうち同協会のサブリース事業者協議会は約90社が加入し、約200万戸のサブリース物件を管理する。

サブリース協議会の会員数は、日管協会員数の比率で8%程度にとどまるものの、サブリース管理戸数で見ると35%ほどを占めており、「サブリース物件の比率は引き続き増えていく」と見ている。

なぜならサブリースという管理形態は、専門知識を持たない大家であっても

...

この記事は会員限定です。
会員登録(無料)すると続きをお読みいただけます。

健美家会員のメリット

  1. 会員限定物件や非公開物件情報が見れる
  2. 最新のコラムニュース情報がメールで受け取れる

不動産投資ニュースのライターさんを募集します。詳しくはこちら


ニュースリリースについて

編集部宛てのニュースリリースは、以下のメールアドレスで受け付けています。
press@kenbiya.com
※ 送付いただいたニュースリリースに関しては、取材や掲載を保証するものではございません。あらかじめご了承ください。

ページの
トップへ