• 収益物件掲載募集
  • 不動産投資セミナー掲載募集
  • 収益物件 売却査定

2,384アクセス

保有物件の価値を左右する! 大家向け保険コーディネーターが教える「良い管理会社の見分け方」

賃貸経営/管理・管理会社 ニュース

2020/12/12 配信

賃貸経営を始めると、管理は専門の事業者に任せるケースが多いのでは。保有物件が少なかったり、オーナーに管理のノウハウや時間的な余裕があるなら自主管理を検討するようだが、兼業大家だったり、遠方に物件を持っていると、専門の会社に委託するというものだ。

家賃の集金代行や入居者対応、建物の修繕などを行う、物件の管理会社。専業の会社があったり、地域の賃貸仲介会社が管理部門を持ち、サービスを提供することも。エリアによってはたくさんあり、どういった基準で選べばいいかわからない。
家賃の集金代行や入居者対応、建物の修繕などを行う、物件の管理会社。専業の会社があったり、地域の賃貸仲介会社が管理部門を持ち、サービスを提供することも。エリアによってはたくさんあり、どういった基準で選べばいいかわからない。

では、いざ物件管理を外部パートナーに任せるなら、どういった事業者と手を結べば良いのだろうか。「管理費の高い安いではなく、物件価値が維持するための『プロパティマネジメント』を徹底している会社を選ぶことです」とアドバイスするのは、不動産賃貸業を営む大家向けに特化した各種保険を提案する、保険ヴィレッジ代表の斎藤慎治氏だ。

大家業に欠かせない物件の管理会社
管理費の有無で選べば後悔することも…

保険ヴィレッジは火災保険をはじめとする、賃貸オーナーが必要とする保険の代理店で、契約者の物件を管理する事業者との接点も多い。

「水回りや給湯器など物件設備

...

この記事は会員限定です。
会員登録(無料)すると続きをお読みいただけます。

健美家会員のメリット

  1. 会員限定物件や非公開物件情報が見れる
  2. 最新のコラムニュース情報がメールで受け取れる

不動産投資ニュースのライターさんを募集します。詳しくはこちら


ニュースリリースについて

編集部宛てのニュースリリースは、以下のメールアドレスで受け付けています。
press@kenbiya.com
※ 送付いただいたニュースリリースに関しては、取材や掲載を保証するものではございません。あらかじめご了承ください。

最新の不動産投資ニュース

ページの
トップへ