• 完全無料の健美家の売却査定で、できるだけ速く・高く売却

×

  • 収益物件掲載募集
  • 不動産投資セミナー掲載募集

大阪市、民泊取り締まりに本腰。専従22人増強で行政指導も

賃貸経営/民泊・旅館業 ニュース

2016/10/12 配信

6ccc57a1b9308354fd9bd05f8129f400_s
マンションなどの空き部屋で宿泊客を泊める「民泊」で、大阪市が本格的な実態調査に乗り出すようだ。国家戦略特区を活用し民泊を認める条例を31日に施行するのに合わせ、担当職員を2人から民泊専従として22人に増強して配置し、参入業者の認定と並行し、ほぼ手つかずだった無許可業者の特定や住民とのトラブルの情報収集を進める。悪質な事案は行政指導も検討する。

「民泊110番」を設置し監視強化を進め今年4〜8月に営業中止だけで148件の行政指導をした京都市や、昨年度から無許可業者への行政指導を強化し、23件の営業を中止させた大阪府に比べ、大阪市は民泊に対して比較的寛容な態度をとっていたが、民泊を巡る通報が昨年度の184件から、今年度は4〜8月だけで277件と激増したことなども受け監視体制を強化した格好だ。

旅館業法の適用を除外する特区民泊は大阪府と東京都大田区で始まっているが、要件である「6泊7日以上の滞在」が観光客の実情をはかけ離れており、事業者にとってはそれほど魅力的ではなかった。

しかし、政府は今月中にも政令を改正して滞在日数を「2泊3日以上」に緩和する意向。緩和後は正規参入する業者が増えると見込まれる

...

この記事は会員限定です。
会員登録(無料)すると続きをお読みいただけます。

健美家会員のメリット

  1. 会員限定物件や非公開物件情報が見れる
  2. 最新のコラムニュース情報がメールで受け取れる

アクセスランキング

  • 今日
  • 週間
  • 月間

不動産投資ニュースのライターさんを募集します。詳しくはこちら


ニュースリリースについて

編集部宛てのニュースリリースは、以下のメールアドレスで受け付けています。
press@kenbiya.com
※ 送付いただいたニュースリリースに関しては、取材や掲載を保証するものではございません。あらかじめご了承ください。

最新の不動産投資ニュース

ページの
トップへ