• 完全無料の健美家の売却査定で、できるだけ速く・高く売却

×

  • 収益物件掲載募集
  • 不動産投資セミナー掲載募集

民泊は2泊3日、許可はマンション管理規約で明確化へ

賃貸経営/民泊・旅館業 ニュース

2016/11/04 配信

特区民泊の宿泊日数は10月31日に不動産業界が要望していた2泊3日が実現した。6泊7日だった最低民泊日数を引き下げる内容を含めた国家戦略特区法の一部を改正する政令を25日に閣議決定したため。

これを受けて国土交通省は、民泊を許容するか否かをマンション管理規約で明確化することを奨める通知を東京都大田区や大阪府など関係自治体に通知する。自治体は区分所有者への周知を図るよう求める。ただ、特区民泊は地域が限定されているため、標準管理規約の改正は行わない。

国交省が近く出す予定の通達には、マンション規約で民泊を許容する場合と、禁止する場合の規定例を提示するとともに、これから発売する分譲マンションには原則、規約に民泊を認めるか認めないかの項目を盛り込むことを奨めている。2017年の通常国会に先送りされた民泊新法では、来年法律が成立した場合に標準管理規約の改正を視野に検討を進めていくようだ。

今回の改正は、宿泊日数の短縮のほかに氏名や住所、職業などを明記する滞在者名簿の設置を義務付け、特区民泊を営業する周辺住民に対して説明を行うことと、住民からの苦情や問い合わせに適切に対処することを追加している。民泊をす

...

この記事は会員限定です。
会員登録(無料)すると続きをお読みいただけます。

健美家会員のメリット

  1. 会員限定物件や非公開物件情報が見れる
  2. 最新のコラムニュース情報がメールで受け取れる

アクセスランキング

  • 今日
  • 週間
  • 月間

不動産投資ニュースのライターさんを募集します。詳しくはこちら


ニュースリリースについて

編集部宛てのニュースリリースは、以下のメールアドレスで受け付けています。
press@kenbiya.com
※ 送付いただいたニュースリリースに関しては、取材や掲載を保証するものではございません。あらかじめご了承ください。

最新の不動産投資ニュース

ページの
トップへ