• 完全無料の健美家の売却査定で、できるだけ速く・高く売却

×

  • 収益物件掲載募集
  • 不動産投資セミナー掲載募集

既存の賃貸マンションをホテルに。管理会社がホテル事業参入

賃貸経営/民泊・旅館業 ニュース

2017/03/08 配信

株式会社宅都ホールディングス(本社:大阪府大阪市中央区/代表取締役:太田 卓利、以下宅都)が賃貸マンションとして建築された不動産をコンドミニアム型ホテルとして運用を開始する。これにより、多様化する貸し方に対応するとともに、投資向け不動産の収益向上と民泊運用の課題への対応を進める。

2017年3月に第1号として開業する「ホテルビューロー四天王寺」は大阪市天王寺区にあり、最寄り駅は大阪市営地下鉄谷町線「四天王寺夕陽丘」駅。駅から徒歩4分の立地だ。

元は居住用マンションとして建築された建物をリノベーションしたもので、当然ながら全室にキッチン付き。洗濯機などを置くことで長期ステイも可能なコンドミニアム型ホテルとなる。

16826189_1579400315420797_884047784442803581_o

住宅業に携わる企業が宿泊業を営む例はさほど珍しいことではない。大手では大和ハウス工業、また最近話題のアパホテルなど分譲事業とホテル事業双方手がけている企業は多い。

また、最近ではマンションデベロッパーが分譲マンション用地としては採算が合わないためホテルを建築する例も多い。しかしそのような企業は「住宅業」と「ホテル業」を別の事業として行っている。

今回取り上げた事例の注目すべき点は、賃貸管理

...

この記事は会員限定です。
会員登録(無料)すると続きをお読みいただけます。

健美家会員のメリット

  1. 会員限定物件や非公開物件情報が見れる
  2. 最新のコラムニュース情報がメールで受け取れる

アクセスランキング

  • 今日
  • 週間
  • 月間

不動産投資ニュースのライターさんを募集します。詳しくはこちら


ニュースリリースについて

編集部宛てのニュースリリースは、以下のメールアドレスで受け付けています。
press@kenbiya.com
※ 送付いただいたニュースリリースに関しては、取材や掲載を保証するものではございません。あらかじめご了承ください。

最新の不動産投資ニュース

ページの
トップへ