• 完全無料の健美家の売却査定で、できるだけ速く・高く売却

×

  • 収益物件掲載募集
  • 不動産投資セミナー掲載募集

民泊にまたもや大手参入。シノケンGがビットコインを使った「リノベ×民泊」 事業スタート

賃貸経営/民泊・旅館業 ニュース

2017/07/18 配信

アパマンショップ、楽天、LIFULL、京王電鉄など、大手企業が続々と民泊事業への参入を表明している。

そんな中、アパートなど収益物件の開発・販売を手掛けるシノケングループ(東京都港区)は7月11日、空室物件をリノベーションして民泊物件として運用する「リノベ×民泊」事業をスタートすると発表した。

シノケン 1
福岡・天神の初弾プロジェクトのイメージ

同社は、東京都大田区や大阪市東成区などで民泊向けのマンションやアパート開発をしてきたが、民泊に関する法整備の進展を受けてさらに強化する。

都心部の主要ターミナル駅周辺で築年数が経過した古い建物の空室をターゲットにリノベーションを施し、民泊物件として展開する。

オフィスや店舗として使われていた物件を転用する。初弾として、福岡・天神駅から徒歩5分圏内でシノケンが所有するテナントビルの1室約25uをリノベして今秋のオープンを目指す。

この第1号プロジェクトに限らず、すでに同社は複数の候補ビルを所有しており、空室が発生したところから民泊仕様へと順次リノベーションを施す。

スタート時は、こうした自社所有物件から手掛けていくが、将来的には全国の主要都市のテナントビルを視野に空室に悩

...

この記事は会員限定です。
会員登録(無料)すると続きをお読みいただけます。

健美家会員のメリット

  1. 会員限定物件や非公開物件情報が見れる
  2. 最新のコラムニュース情報がメールで受け取れる

アクセスランキング

  • 今日
  • 週間
  • 月間

不動産投資ニュースのライターさんを募集します。詳しくはこちら


ニュースリリースについて

編集部宛てのニュースリリースは、以下のメールアドレスで受け付けています。
press@kenbiya.com
※ 送付いただいたニュースリリースに関しては、取材や掲載を保証するものではございません。あらかじめご了承ください。

最新の不動産投資ニュース

ページの
トップへ