• 完全無料の健美家の売却査定で、できるだけ速く・高く売却

×

  • 収益物件掲載募集
  • 不動産投資セミナー掲載募集

都道府県別に宿泊施設の稼働率を予測!すでに長野、福井、秋田、鳥取、高知では減少?供給過剰も?

賃貸経営/民泊・旅館業 ニュース

2019/03/14 配信

2018年に3000万人を突破した訪日外国人は2018年9月に一度落ち込んだものの、その後は順調に回復、観光、中でも不動産関連でいえば宿泊が我が国のこれからの経済を牽引する産業と目されている。

実際、どのまちでも外国人旅行者の姿を見ることが増え、明らかに拡大していることが実感されるが、長い目で見ると必ずしも、それに応じた投資が行われているわけではないことをニッセイ基礎研究所のレポート「都道府県別にみた宿泊施設の稼働率予測〜インバウンド拡大に伴うホテル建設が進み、一部地域では供給過剰も〜」(白波瀬康雄著)が指摘している。どういうことか?

レポートでは私たちが見落としがちな、非常に重要なポイントが指摘されている。確かに外国人旅行者は増えているのだが、今後は現在宿泊者の8割以上を占める国内旅行客が人口減少や高齢化によって減っていくというのである。それにより、すでに大差のある地域ごとの稼働率にさらに差が生まれてくるかもしれないというのである。

ちなみに現時点でホテルの客室稼働率がもっとも高いのは大阪府で2017年は86.5%にも及んでいる。平日、週末を問わず混雑しているのである。

一方で茨城県や新潟県

...

この記事は会員限定です。
会員登録(無料)すると続きをお読みいただけます。

健美家会員のメリット

  1. 会員限定物件や非公開物件情報が見れる
  2. 最新のコラムニュース情報がメールで受け取れる

アクセスランキング

  • 今日
  • 週間
  • 月間

不動産投資ニュースのライターさんを募集します。詳しくはこちら


ニュースリリースについて

編集部宛てのニュースリリースは、以下のメールアドレスで受け付けています。
press@kenbiya.com
※ 送付いただいたニュースリリースに関しては、取材や掲載を保証するものではございません。あらかじめご了承ください。

最新の不動産投資ニュース

ページの
トップへ