• 収益物件掲載募集
  • 不動産投資セミナー掲載募集
  • 収益物件 売却査定

3,113アクセス

民泊再燃?ライバル激減で、五輪フィーバーに期待大! 期間中は自宅民泊で1泊10万も可能か。

賃貸経営/民泊・旅館業 ニュース

2019/07/03 配信

東京五輪の観戦チケットの抽選結果が発表された。来年の東京五輪に向けて、いよいよ騒がしくなってきた。東京五輪は、2020年7月24日から 8月9日までの17日間行われる。

そこで再び目を向けたいのが民泊である。現在、民泊を行うには、保健所の許可を取った上でしか経営できず、その手間から、撤退した人も多くいる。

そのため、ライバルが激減。許可を取って民泊を続けているオーナーの中には、「以前よりも、安定経営できている」という人も。そこで、5〜6年前から民泊を続けている女性Aさんに、民泊の現状と東京五輪までの見通しを聞いた。

●民泊新法の施行後、8割弱も掲載件数が減少

5〜6年前から城南エリアの一軒家で民泊を行っているA氏の住まい。このリビングで、宿泊しているゲストと共に過ごすことも。
5〜6年前から城南エリアの一軒家で民泊を行っているA氏の住まい。このリビングで、宿泊しているゲストと共に過ごすことも。

住宅の空き部屋に旅行者を有料で宿泊させる民泊。民泊新法が施行されたのは、2018年6月15日。以後、住宅を貸す場合は、保健所に届けて許可をえなければならない。

大手民泊サイトのAirbnbは民泊新法の施行後、届出/許可登録番号がない物件は掲載しないなど、無許可民泊を排除している。2018年6月4日付けの日本経済新聞電子版では

...

この記事は会員限定です。ユーザ会員登録すると続きをお読みいただけます。

不動産投資ニュースのライターさんを募集します。詳しくはこちら


ニュースリリースについて

編集部宛てのニュースリリースは、以下のメールアドレスで受け付けています。
press@kenbiya.com
※ 送付いただいたニュースリリースに関しては、取材や掲載を保証するものではございません。あらかじめご了承ください。

ページの
トップへ