• 完全無料の健美家の売却査定で、できるだけ速く・高く売却

×

  • 収益物件掲載募集
  • 不動産投資セミナー掲載募集

Airbnbが総額270億円 民泊ホスト支援策 3月14日から5月31日の予約キャンセルに適用

賃貸経営/民泊・旅館業 ニュース

2020/05/08 配信

新型コロナウイルスの影響で、民泊事業は大きな打撃を受けている。これを受け、米国発の民泊仲介サイトである「Airbnb」は、新型コロナウイルスの影響でゲストがキャンセルした予約について、損失の埋め合わせとなるよう、ホストに総額2億5000万ドル(約270億円)を支払うことを明らかにした。3月14日から5月31日の予約がキャンセルされた場合に適用される。

Airbnbの公式サイトで、CEOのブライアン・チェスキーのメッセージ動画が公開され、ホスト救済措置を公表している。
Airbnbの公式サイトで、CEOのブライアン・チェスキーのメッセージ動画が公開され、ホスト救済措置を公表している。

世界的に、旅行はほぼ不可能
民泊ホストからの多くの要望を受けて

AirbnbのCEOであるブライアン・チェスキーは3月末に公式サイトで、Airbnbを利用するホストに対して、15分に渡るメッセージ動画を公開した。

新型コロナウイルスの感染拡大によって、旅行業界は世界的に苦境を強いられ、国境は閉鎖され、旅行がほぼ不可能になっていることに触れた。3月11日にWHOが新型コロナウイルスの世界的大流行を宣言してから、Airbnbでは、予約をキャンセルしたゲストに対して、Airbnbの手数料を含む全額を返金する対応を決めている。

しかし、この決

...

この記事は会員限定です。
会員登録(無料)すると続きをお読みいただけます。

健美家会員のメリット

  1. 会員限定物件や非公開物件情報が見れる
  2. 最新のコラムニュース情報がメールで受け取れる

アクセスランキング

  • 今日
  • 週間
  • 月間

不動産投資ニュースのライターさんを募集します。詳しくはこちら


ニュースリリースについて

編集部宛てのニュースリリースは、以下のメールアドレスで受け付けています。
press@kenbiya.com
※ 送付いただいたニュースリリースに関しては、取材や掲載を保証するものではございません。あらかじめご了承ください。

最新の不動産投資ニュース

ページの
トップへ