• 収益物件掲載募集
  • 不動産投資セミナー掲載募集
  • 収益物件 売却査定

2,439アクセス

救世主はリノベ。空き家率30%&賃貸空室の阻止へ!

賃貸経営/リノベ・修繕 ニュース

2017/07/02 配信

空き家の数と空き家率が上昇を続けている。

2030年を過ぎるころには空き家率は30%台を突破する深刻な状況を迎えると言われており、住宅の新規供給の抑制と既存住宅の活用が欠かせない。

空室率の上昇に悩む賃貸オーナーが注目するのは、需要に比べて市場での供給量が少ないファミリー向け賃貸住宅にリノベーションを施したり、あえて個性的なデザインや仕掛けを導入したリノベーションを行うことで、入居者ターゲットを絞って集客する試みだ。

UR都市機構は、無印良品グループのMUJI HOUSE(東京都豊島区)と団地リノベーションを手掛ける。共同でキッチンやふすま、畳、設備・建具などを開発し採用する。

エレベーターのない団地で、高齢者が入居を好まない4階や5階の空室を埋めるために若年層を狙ったリノベーションを実施している。そうすることによって、若者と年配者が集まる幅広いコミュニティー形成を図ることができる。

スクリーンショット 2017-07-01 7.27.55
施工例

賃貸管理のクラスコ(石川県金沢市)は、賃貸リノベのフランチャイズを展開している。グループのクラスコデザインスタジオが賃貸住宅の空室解消に向けたリノベデザインを開発し、全国の空室1500戸に入居者を付けた実績を

...

この記事は会員限定です。
会員登録(無料)すると続きをお読みいただけます。

健美家会員のメリット

  1. 会員限定物件や非公開物件情報が見れる
  2. 最新のコラムニュース情報がメールで受け取れる

不動産投資ニュースのライターさんを募集します。詳しくはこちら


ニュースリリースについて

編集部宛てのニュースリリースは、以下のメールアドレスで受け付けています。
press@kenbiya.com
※ 送付いただいたニュースリリースに関しては、取材や掲載を保証するものではございません。あらかじめご了承ください。

ページの
トップへ