• 収益物件掲載募集
  • 不動産投資セミナー掲載募集
  • 収益物件 売却査定

5,089アクセス

築43年で家賃月額3万円アップ、真似したいポイントはここ。300万円+アルファでできるフルリノベ

賃貸経営/リノベ・修繕 ニュース

2018/03/02 配信

エントランス前にはオープンルーム告知の掲示。こうした小さな工夫が人を集める
エントランス前にはオープンルーム告知の掲示。こうした小さな工夫が人を集める

豊島区北大塚で行われた1975年築、2018年時点で築43年のマンション1室のフルリノベーションのオープンルームを見てきた。

■原状回復だけでは無理という理由多数からフルリノベに

退去後の様子はこんな感じ。表面だけきれいにしても無理だ
退去後の様子はこんな感じ。表面だけきれいにしても無理だ

元々の部屋は33uの2DK、今の感覚でいえば2Kというところか。ファミリーが長年居住していたため、室内はかなり傷んでおり、加えてDKが狭いだけでなく、洋室も細長く、あまり使い勝手は良くなさそう。

そこで、管理を担当する永幸不動産の森下智樹氏はフルリノベーションを提案した。

「原状回復だけでも100万円程度はかかります。でも、そもそもの間取りの使い勝手の悪さ、洗濯機置き場がバルコニーに、キッチンに給湯器があるなどのマイナス点を考えるとそれだけでは早く決まらない可能性があります。配管などの傷み等も考えると、一度抜本的に手を入れておく必要がある。そう考えたのです」。

給湯器、洗濯機置き場など設備面の更新も必要だった
給湯器、洗濯機置き場など設備面の更新も必要だった

実際、退去後の写真を見せていただくと、室内はひどく汚れており、設備は古い。この状態で表

...

この記事は会員限定です。
会員登録(無料)すると続きをお読みいただけます。

健美家会員のメリット

  1. 会員限定物件や非公開物件情報が見れる
  2. 最新のコラムニュース情報がメールで受け取れる

不動産投資ニュースのライターさんを募集します。詳しくはこちら


ニュースリリースについて

編集部宛てのニュースリリースは、以下のメールアドレスで受け付けています。
press@kenbiya.com
※ 送付いただいたニュースリリースに関しては、取材や掲載を保証するものではございません。あらかじめご了承ください。

最新の不動産投資ニュース

ページの
トップへ