• 収益物件掲載募集
  • 不動産投資セミナー掲載募集
  • 収益物件 売却査定

1,913アクセス

コロナ禍で入居者を意識した「注目のフルリノベ物件」!ノウハウを生かし”共用部”を充実させた理由とは

賃貸経営/リノベ・修繕 ニュース

2021/02/21 配信

外観

コロナ禍の今、テレワークを導入する企業も少なくない。
自宅に”集中して仕事ができる環境”を求める人も多いだろう。在宅時間が増え、これまで以上に住まいへのこだわりを持つ人も増えた。

そんな中、愛知県稲沢市に、with/afterコロナを見据えた注目のリノベーション物件が2月末竣工予定だ。

デザインや施工を行ったのは、リノベーション事業を手掛ける『グッドルーム』。

グッドルームは自社で大工を抱え、メディアも運営しているため、工事から入居者募集、その後退去された後の再募集までワンストップで行うことも可能。おしゃれなリノベーションデザインも人気でグッドルームが手がけた物件を好むユーザーも抱えている。

過去に手がけた物件には、投資家が賃貸化しようと購入した築48年の窓ガラスも割れたまま放置された古い物件を着工2日で入居者が決まる人気物件に変身させたり、マンションを一棟フルリノベーションし家具家電付き賃貸として相場賃料より高く稼働させたりと、ノウハウを存分に生かしたアイデアやデザインで”価値を高めるリノベーション”と定評がある。

伊藤氏
▲今回はグッドルーム株式会社 取締役 ビジネス開発推進本部の伊藤和澄氏にお話を聞
...

この記事は会員限定です。
会員登録(無料)すると続きをお読みいただけます。

健美家会員のメリット

  1. 会員限定物件や非公開物件情報が見れる
  2. 最新のコラムニュース情報がメールで受け取れる

不動産投資ニュースのライターさんを募集します。詳しくはこちら


ニュースリリースについて

編集部宛てのニュースリリースは、以下のメールアドレスで受け付けています。
press@kenbiya.com
※ 送付いただいたニュースリリースに関しては、取材や掲載を保証するものではございません。あらかじめご了承ください。

ページの
トップへ