• 収益物件掲載募集
  • 不動産投資セミナー掲載募集
  • 収益物件 売却査定

740アクセス

高齢者世帯が過去最多に……求められる安否確認サービス

賃貸経営/ターゲット設定 ニュース

2016/08/16 配信

■過去最多の高齢者世帯、うち約50%が独居

離れて暮らす高齢の家族を対象にした安否確認サービスが求められている。

昨月の12日に発表された、厚生労働省の国民生活基礎調査によると、65歳以上の人で構成される高齢者世帯が平成27年、推計で約1271万4,000世帯(前年比約50万世帯増)と過去最多を更新した。

調査によると平成27年6月時点での高齢者世帯は全世帯の25.2%、4世帯に1世帯を超えている。この高齢者世帯のうち、約半数にあたる49.1%(約624万3,000世帯)が一人暮らし。

一人暮らしの高齢世帯に向けた安否確認サービスには様々なものがある。基本的にはプライバシーを重視した形で、さりげない見守りをしながらも緊急時には即対応できるように工夫されている。

  • 警備会社

緊急かけつけ、センサーによる見守り、定期巡回、定期コールなど各種サービスが充実。

  • インフラ

遠方に住む家族の見守りサービスとして、ガスの使用量をメール通知。また電力の使用量を解析して異常と判断したら指定の連絡先に通知など様々なサービスがある。

  • 定期電話コール

毎日、もしくは週に数回など決められた期間ごとに安否確認の電話を入れて、その結果を

...

この記事は会員限定です。ユーザ会員登録すると続きをお読みいただけます。

不動産投資ニュースのライターさんを募集します。詳しくはこちら


ニュースリリースについて

編集部宛てのニュースリリースは、以下のメールアドレスで受け付けています。
press@kenbiya.com
※ 送付いただいたニュースリリースに関しては、取材や掲載を保証するものではございません。あらかじめご了承ください。

ページの
トップへ