• 収益物件掲載募集
  • 不動産投資セミナー掲載募集
  • 収益物件 売却査定

2,761アクセス

高稼働率維持の方策とは?避けて通れない「高齢者」と「外国人」

賃貸経営/ターゲット設定 ニュース

2017/09/07 配信

人口が減っていく中でいかに優良な入居者を確保できるか。

東京など大都市であっても避けられない問題だ。オーナーが入居者の選り好みができる時代はとっくに終わっている。

「できれば入居してもらいたくない」。縮小するマーケットでは、この代表格だった外国人や高齢者を受け入れることが賃貸マーケットでの生き残り策の一つである。

実際、外国人をターゲットに入居者を募って完全空室だった賃貸物件を数カ月で満室にした例もある。また、外国人留学生は20万人を超えており、今後も増える見通しだ。外国人の増加は賃貸業界にとってもビジネスチャンスと言っていい。

イメージ写真 063
最近は、外国人旅行客だけでなく、大学や専門学校などで学ぶ留学生の姿も街中で多く見られるようになった。

東京23区で投資用マンションの販売・賃貸管理を手がける日本財託グループ(東京都新宿区)によると、留学生は卒業後に日本での就職を希望する人が7割に上るが、実際に就職できるのは3割にとどまっている。

このため、外国籍の人の就職支援を行うASIA Link(東京都小平市)と提携し、留学生の日本での就職率を引き上げる支援をこの春から始めた。将来の入居者の確保につなげたい考えだ。

...

この記事は会員限定です。ユーザ会員登録すると続きをお読みいただけます。

不動産投資ニュースのライターさんを募集します。詳しくはこちら


ニュースリリースについて

編集部宛てのニュースリリースは、以下のメールアドレスで受け付けています。
press@kenbiya.com
※ 送付いただいたニュースリリースに関しては、取材や掲載を保証するものではございません。あらかじめご了承ください。

ページの
トップへ