• 収益物件掲載募集
  • 不動産投資セミナー掲載募集
  • 収益物件 売却査定

3,881アクセス

国民性で異なる外国人の賃貸住宅の選び方を理解する!自己主張の強い人、おっとり型、時間にルーズ?

賃貸経営/ターゲット設定 ニュース

2018/09/01 配信

外国人入居者を嫌う大家はまだまだ多い。ただ、そうは言っても外国人は確実に増え続けている。政府は、日本とアジア、世界との間のヒト・モノ・カネ、情報の流れを拡大する「グローバル戦略」を展開する一環として、2020年を目途に30万人の留学生受入れを目指している。

留学生にとどまらず、技能実習生やグローバル企業の日本駐在員なども増えている。賃貸住宅のオーナーは、いつまでも外国人入居者を嫌うわけにはいかないと感じているはずだ。

それならば、なるべく早く外国人に対応していくほうが賢明であろう。家賃債務保証のジェイリース(大分県大分市)の完全子会社、あすみらい(東京都渋谷区)は、留学生や転勤などで来日する外国人向けに賃貸の仲介を行うなど、外国人に特化したビジネスを展開している。

ネイティブを含む多言語対応のスタッフを揃え、外国人顧客に対応している。

DSCN4324
家賃債務保証会社が展開する外国人特化の不動産仲介会社では、バイリンガルやトリリンガルのネイティブスタッフが対応する(写真は、あすみらいの店舗の様子)

同社では、英語、中国語、韓国語、ベトナム語、ネパール語、スペイン語に加え、ジェイリースの15カ国語対応の通訳システムを使い、日本での住まい探しに迷う外国人と空室対策に悩む賃貸住宅のオーナーをサポートしている。

副社長の佐藤一郎氏は「当社に来店する外国人は、留学生とワーキングホリデーが多い。国別で見ると、中国、台湾、韓国などのアジアのほかに、欧米系のビジネスマンといったところ。

福岡支店では、韓国からの学生とワーキングホリデーが7割を占めている。東京本店はバラエティに富み、留学生だけでなく、ビジネスマンや永住権取得者などだ」と話す。

その外国人も、ひと昔前とは違ってきた。アジア圏の経済成長に伴い、特に世界第2位の経済大国となった中国人留学生は裕福で、日本人学生と同じ水準の物件を借りる人が増えている。韓国人でも同じである。

中国人と韓国人は1人暮らしを好み、シェアハウスのような形態は好まない。ただ、日本人のように風呂とトイレが別になっていなくても気にしない。特に韓国人は、湯船につからずにシャワーだけが一般的。欧米人も風呂・トイレ別のこだわりはない。

他のアジア諸国を見ると、例えば、ベトナムとネパールは、基本的に1人暮らしを望んでいるものの、そこまでの経済的な余裕がないため、しかたなく2人以上の複数人で借りたりしている。

ただ、複数人で居住するのに良い顔をしない家主は多い。東京23区では、ワンルームでも賃料10万円前後する。このため都下や神奈川、千葉、埼玉など都区部周辺へと首都圏広域にエリアを広げ、複数で入居できる広さと一人当たり2万〜3万円の賃料水準の部屋をシェアすることになる。

一方、欧米人の場合は賃料単価がグンと跳ね上がる。駐在員やビジネスマンは、家族で来日するケースが少なくないので3LDKなどのファミリータイプを20万〜50万円で借りたりする。

部屋の広さを指定してくるため、賃貸マンションのファミリータイプでは物足りず、分譲賃貸を選択する傾向が強いのが特徴である。契約社会の欧米人は、最初にきっちり賃貸借契約を結んでおけばトラブルは少なく、また、アメリカ人は家具付き住宅にしてほしいというオーダーが多い。

経済力の違いにより賃貸物件の希望は変わるが、個々の国による国民性の違いも大きい。佐藤副社長によると、「中国人と韓国人は自己主張が強く、自分の意見をはっきりと言う。

私はこう思うからこれじゃないといやだと、こちらの言うことをきかない。その場合は、次の物件を探すことになる。特に韓国人は、自分で想像している部屋のイメージがあるのだと思う。部屋の希望にも妥協はない」なのだという。

その一方、性格がおっとりしているのがベトナムとネパールである。ネパール人は、他人とシェアすることに違和感を持っていない。

「私は、昨年12月に社員とネパールの日本語学校を訪問したが、田舎から出てきて日本語学校の先生の自宅に住んで通学したりする。日本の住まい探しでも、部屋をシェアして住むのに抵抗感を持っていない。ただネパール人は時間にルーズで待ち合わせで普通に1時間ほど遅れる。ベトナム人は、時間にルーズというよりも、約束していても連絡なしに来なかったりする」(佐藤副社長)。

企業が技能実習生を受け入れるケースも増えているが、ある企業の担当者は、「中には日本人的な実習生もいる。彼らが、時間のルーズさや仕事に対する態度などが悪い人に注意をすると、どうして日本人的な見方をするのか、などと言われていることもある」と話す。

いずれにしろ、お国柄は様々。時間の流れ方の観念や生活習慣に慣れるまでに時間がかかる。受けてきた教育や文化も違う。

そうした違いを面倒くさいと思い、外国人の入居に消極的であり続けるか、それとも時代の流れと割りきり、その特性を理解して前向きになれるか。不動産投資家にも国際感覚が必要となっていることは確かである。

健美家編集部

健美家サイト会員登録で最新コラムやニュースをチェック!

不動産投資ニュースのライターさんを募集します。詳しくはこちら


ニュースリリースについて

編集部宛てのニュースリリースは、以下のメールアドレスで受け付けています。
press@kenbiya.com
※ 送付いただいたニュースリリースに関しては、取材や掲載を保証するものではございません。あらかじめご了承ください。

ページの
トップへ