• 収益物件掲載募集
  • 不動産投資セミナー掲載募集
  • 収益物件 売却査定

2,107アクセス

外国人労働者の受け入れ拡大へ!改正入管法等が成立。在留外国人の急増をチャンスに!! 賃貸業界の受け入れ態勢に待ったなし

賃貸経営/ターゲット設定 ニュース

2018/12/11 配信

改正出入国管理法等が12月8日未明の参院本会議で可決・成立した。これまで認めてこなかった単純労働分野への外国人受け入れに道を開き、外国人労働者政策を大きく転換した。

2019年度からの5年間で14業種・最大34万5150人の受け入れを想定している。来年4月1日の施行で、同時に法務省入国管理局を改組、「出入国在留管理庁」を設けて在留管理を一元的に行う。

改正入管法A
人で不足を補う人材として外国人の受け入れを拡大する。東京の空の交通網は忙しくなりそうだ。写真は羽田空港

新たな在留資格として「特定技能1号」と「特定技能2号」を設けた。一定の技能を持つ外国人に与える1号は、在留期間の上限が通算5年、家族の帯同は認めない。

1号よりも熟練した技能を持つ人に与えられる2号では、在留期間の更新が可能かつ回数の制限もない。配偶者や子どもの帯同も認める内容だ。

政府は、12月28日に外国人労働者の生活支援や受け入れに向けた総合対策など基本方針を閣議決定する。各業界団体や所管省庁による分野別の運用指針には、業種に応じた技能や日本語能力の試験内容、受け入れ人数の計画を定める。

具体的な14業種は、建設や外食、介護、農業、宿泊といっ

...

この記事は会員限定です。ユーザ会員登録すると続きをお読みいただけます。

不動産投資ニュースのライターさんを募集します。詳しくはこちら


ニュースリリースについて

編集部宛てのニュースリリースは、以下のメールアドレスで受け付けています。
press@kenbiya.com
※ 送付いただいたニュースリリースに関しては、取材や掲載を保証するものではございません。あらかじめご了承ください。

ページの
トップへ