• 収益物件掲載募集
  • 不動産投資セミナー掲載募集
  • 収益物件 売却査定

2,942アクセス

大空室時代の賃貸経営に外国人を外す選択肢なし。家具・家電付き物件ニーズ強く部屋の広さもこだわらず

賃貸経営/ターゲット設定 ニュース

2019/03/23 配信

人口減少社会において満室稼働を実現するためには新たなターゲットが必要だ。その一つが外国人である。これまで、大家(賃貸オーナー)は入居を敬遠していた層であるが、これからはそうも言っていられない。

業界団体の全国賃貸不動産管理業協会(全宅管理)は、3月6日に実施した会員向けの賃貸管理セミナーで、
「横浜では中華街があって昔から中華系の人が多く住んでいるが、最近はタイやベトナム、ネパールなどのアジア系の人が増えている。横浜市内の小学校では4割ほどが外国籍で占めるクラスも散見する。家余り時代にあって外国人に住まいを提供できない状況では賃貸ビジネスは成り立たない」
と賃貸管理会社やオーナーの意識改革が必要だと訴えた。

写真イメージ
▲写真はイメージ

日本の人口構成は、向こう5〜6年で3人に1人が高齢者になり、その後総人口も1億人を割込んでいく。外国人専門の生活総合支援サービスを展開するグローバルトラストネットワークス(東京都豊島区)の後藤裕幸社長は、全宅管理のセミナーで
「2024年の日本の平均年齢は50歳となる。人口は毎年100万人近いペースで減少していく。これは、毎年、政令指定都市がなくなる感覚である。人口統計からは

...

この記事は会員限定です。ユーザ会員登録すると続きをお読みいただけます。

不動産投資ニュースのライターさんを募集します。詳しくはこちら


ニュースリリースについて

編集部宛てのニュースリリースは、以下のメールアドレスで受け付けています。
press@kenbiya.com
※ 送付いただいたニュースリリースに関しては、取材や掲載を保証するものではございません。あらかじめご了承ください。

ページの
トップへ