• 収益物件掲載募集
  • 不動産投資セミナー掲載募集
  • 収益物件 売却査定

4,082アクセス

レオパレス問題から考える、リスクを避ける工事監理の重要性 「不動産投資家のための建築知識001」

不動産投資全般/建築知識 ニュース

2020/12/10 配信

2020年のコロナ禍に限らず、近年の大きなニュースの上位を占めるのは地震や風水害など様々な災害であり、それらが全世界において常にどこかで生じていることが報道される今日、人々は「リスク」に敏感になっている。

不動産投資の世界ではこれまでいわゆる投資する建築そのものの不良施工や不法状態が問題になることは少なかった。

しかし、それは問題がなかったのではなく、基本的にはエリアで需要が決まる値下がりしない市場であり、取引において建築そのもののリスクを「無視できること」としても成立していた事情によるものである。

しかしながら、2000年代初頭の「姉歯事件」以来、建築に求める遵法性、安全性のリスクにも社会が敏感になってきている。

単なる「物件」ではなく、社会の資産としての価値を損なう行為に厳しい目が注がれる。このことから、不動産投資家にとっても、自分の保有する、あるいは投資する建築資産がどういった成り立ちのものであるのか把握しておくことは、そこにあるリスクを知ることであり重要なことだ。

このシリーズでは、建築の専門家でない不動産投資家を想定して、リスクを避けるために、あるいは逆に投資のストロングポイントを探り

...

この記事は会員限定です。
会員登録(無料)すると続きをお読みいただけます。

健美家会員のメリット

  1. 会員限定物件や非公開物件情報が見れる
  2. 最新のコラムニュース情報がメールで受け取れる

不動産投資ニュースのライターさんを募集します。詳しくはこちら


ニュースリリースについて

編集部宛てのニュースリリースは、以下のメールアドレスで受け付けています。
press@kenbiya.com
※ 送付いただいたニュースリリースに関しては、取材や掲載を保証するものではございません。あらかじめご了承ください。

最新の不動産投資ニュース

ページの
トップへ