• 収益物件掲載募集
  • 不動産投資セミナー掲載募集
  • 収益物件 売却査定

3,054アクセス

不動産投資にも影響を及ぼす、防災を意識した土地選びに効果を発揮。国土交通省の「重ねるハザードマップ」がスゴイ!

不動産投資全般/災害・防災 ニュース

2019/11/08 配信

国土交通省による「ハザードマップポータルサイト」のトップ画面。災害リスク情報などを地図で重ねて表示する「重ねるハザードマップ」と、地域のハザードマップを入手できる「わがまちハザードマップ」を用意している。(出典:ハザードマップポータルサイトより)
国土交通省による「ハザードマップポータルサイト」のトップ画面。災害リスク情報などを地図で重ねて表示する「重ねるハザードマップ」と、地域のハザードマップを入手できる「わがまちハザードマップ」を用意している。(出典:ハザードマップポータルサイトより)


増える一方の自然災害

不動産投資にも大きく影響

地球温暖化など原因は諸説あるが、日本を取り巻く気候環境が大きく変わりつつある。政府がまとめた「気候変動の観測・予測及び影響評価総合レポート2018〜日本の気候変動とその影響〜」によると、世界の平均気温は19世紀後半以降100年あたり0.72℃の割合で上昇していて、北極海の海氷は減少、熱帯低気圧の風速及び降雨量は増加する可能性が高いとのこと。

日本では世界より速いペースで気温が上昇していて、その割合は100年あたり1.19℃。1990年代以降に顕著な高温を記録するようになった。

日最高気温30℃以上の真夏日と同35℃以上の猛暑日の年間日数は、統計期間1931〜2016年で増加傾向が現れていて、猛暑日は10年あたり0.2日の割合で増えている。

他にも、強い雨が増加している一方で降水日が減り、多くの地域で積雪が

...

この記事は会員限定です。
会員登録(無料)すると続きをお読みいただけます。

健美家会員のメリット

  1. 会員限定物件や非公開物件情報が見れる
  2. 最新のコラムニュース情報がメールで受け取れる

不動産投資ニュースのライターさんを募集します。詳しくはこちら


ニュースリリースについて

編集部宛てのニュースリリースは、以下のメールアドレスで受け付けています。
press@kenbiya.com
※ 送付いただいたニュースリリースに関しては、取材や掲載を保証するものではございません。あらかじめご了承ください。

最新の不動産投資ニュース

ページの
トップへ