• 収益物件掲載募集
  • 不動産投資セミナー掲載募集
  • 収益物件 売却査定

2,396アクセス

機関投資家が重視する「ESG投資」。今後は個人投資家にも波及する?

不動産投資全般/その他投資 ニュース

2019/01/03 配信

年金運用や生保各社が取り組みを加速

投資を始める際は、「テーマ」を決めると資金の投下先を選定しやすい。不動産であれば、都心部か郊外、地方といったエリア、1棟それとも区分なのか、株式でも東証1部のような大手企業もあれば成長著しい新興銘柄、業種・業界で切り分けることができる。

投資信託なら国内か国外、先進国や新興国、株式もしくは債券といったように、期待・許容できるリスクとリターンのバランスから絞り込んでいくという具合だ。

そして近年、国内外の機関投資家が注目しているのが「ESG」と呼ばれる要素。これは、環境(Environment)、社会(Social)、ガバナンス(Governance)の頭文字を合わせた言葉のことだ。

rf112436559_l

投資対象となる企業の価値を図る材料として、これまでは売上げや利益率、キャッシュフローといった財務情報を重視してきたが、ESG投資では3つの非財務情報も考慮するのがポイントであり、Eであれば地球温暖化対策、Sは従業員の健康、女性従業員の活躍、Gは取締役の構成、公正な競争などが挙げられる。

ESGの観点は、2006年に国連のアナン事務総長(当時)が機関投資家に対してESGを投資プロセス

...

この記事は会員限定です。
会員登録(無料)すると続きをお読みいただけます。

健美家会員のメリット

  1. 会員限定物件や非公開物件情報が見れる
  2. 最新のコラムニュース情報がメールで受け取れる

不動産投資ニュースのライターさんを募集します。詳しくはこちら


ニュースリリースについて

編集部宛てのニュースリリースは、以下のメールアドレスで受け付けています。
press@kenbiya.com
※ 送付いただいたニュースリリースに関しては、取材や掲載を保証するものではございません。あらかじめご了承ください。

最新の不動産投資ニュース

ページの
トップへ