• 収益物件掲載募集
  • 不動産投資セミナー掲載募集
  • 収益物件 売却査定

1,895アクセス

9ケ月で売上500万、売却までの一時貸しで!軒先ビジネス活況、キッチンカーのニーズ増

不動産投資全般/その他投資 ニュース

2021/02/19 配信

車1台駐車できるだけのスペースがある人に朗報だ。軒先などのちょっとした遊休地を、お金に換えるシェアリングサービスとして「軒先ビジネス」が活況だ。

コロナの影響で、在宅勤務や外出自粛、飲食店への時短要請の影響で、飲食店が店舗を構えず、キッチンカーでお弁当を売る動きが加速している。

教えてくれたのは、スキマの有効活用に詳しい「スキマハンター」こと、軒先株式会社 代表取締役の西浦明子氏だ。

軒先ビジネス_表参道_キッチンカー
表参道の軒先で、キッチンカーで営業をしている様子。キッチンカーは保険所の許可証があれば、住宅専用地域でもどこでも営業できる

空きスペースの写真さえあれば、登録可能!
2008年のサービス開始から、2万件の利用実績あり

所有するビルの軒先や屋上、階段下のようなデッドスペースはないだろうか?

もしくは、買い手が付くまでの売り出し中のビルや、定休日や稼働していない時間帯の店舗のスペースがある人は、「軒先ビジネス」に、空きスペースを登録して、一時貸しすることができる。

「軒先ビジネス」は、2008年から始まった、遊休スペースの借り手と貸し手をつなぐマッチングサイトだ。スペースを借りる側は、物販や催事の目的で、場所を借りる。貸す時間や、利用料金などは、貸す側が自由に設定できる。

「登録の際に、登録料や掲載料、初期費用などの費用は一切不要です。場所の写真さえあれば、すぐに登録できます。ただし、スペースの利用料から、35%が手数料として差し引かれます」

事故が発生した場合などに備えて、利用料には保険料が付加され、保険料は借り手が支払う仕組みだ。現在までに、登録されたスペースはのべ7500件、利用件数は年間2万件以上となっている。

軒先ビジネスが、大きく飛躍したきっかけになったのが、2008年のリーマンショックだった。市況が落ち込み、不動産オーナーや管理会社などから稼働率を少しでも上げるために、問い合わせが急増した。その流れを掴む契機になったのが、ある成功事例である。

「東京・四谷三丁目の好立地に取り壊す予定の不動産があり、なかなか買い手がつかず、買主が見つかるまでの間だけと軽い気持ちでオーナーさまが登録されました。

すると、その物件に予約が殺到。生活雑貨の販売スペースとして利用されました。付近には高齢者が多く住んでおり、雑貨店は繁盛し、9ケ月の登録で500万円ほどの利用料になりました」

四谷ビフォー
四谷の登録物件、ビフォー。物件を売り出し中に、買い手がつくまでの間、登録。1階やエントランス周りを貸し出すことに
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
四谷の物件、アフター。生活雑貨店に、一時貸ししたときの様子。店は繁盛し、売却までの9カ月間出店し、利用料は500万円ほどに

コロナが追い風に。利用者数は前年比1.5〜2倍
商店街に近い、住宅地の人気が急上昇

実は今、コロナの影響で、遊休スペースを求める動きが増している。

「屋外は密になりにくいことから、物販や催事スペースとして、屋外のスペースを求めている方が増えています。そのため『軒先ビジネス』の利用者数は前年比1.5〜2倍に。全国展開していますが、場所別では一都3県の利用者数が多いものの、全国的に催事販売ができるスペースを求める動きがあります」

外出自粛や在宅勤務の広がりによって、住宅地に人が増えている。これまでキッチンカーというと、ビジネス街に出店していたが、最近では、吉祥寺などの商店街に近い住宅地に出店する動きがあるという。

「飲食店への時短営業要請の流れから、キッチンカーでお弁当やテイクアウトのお総菜を売りたいとのニーズが急増しています。西麻布などの人気店の有名シェフや大手飲食チェーンさえも、キッチンカーを確保する動きが始まっています。すでにキッチンカーを置くための駐車スペースが足りない状況です」

飲食店を始めるには店舗を構える費用などコストがかかるが、キッチンカーなら200〜300万円でスタートできる。

車1台置けるだけのスペースがあれば、キッチンカーに場所を貸すことで、プラスの収益が見込めるわけだ。

「キッチンカーを置くための駐車スペースとして場所を貸し出す場合、利用料の目安は、10〜15時の4〜5時間で1日3000〜5000円ほど。月に平日だけ20日間貸し出すとして、月6〜10万円の売上が見込めます」

立地や広さ、ニーズによって、利用料はピンキリだが、売上から手数料を差し引いても、ワンルームの1ケ月分ほどの家賃収入に匹敵する収入になる可能性がある。

軒先株式会社では、飲食店オーナーと開業希望者をマッチングする飲食店向けのマッチングサイト「magari」も始めている。

売却までの一定期間や、遊休地や空きテナント、空きスペースがある人は、こうしたスペースの活用法を検討してみるのもよさそうだ。

健美家編集部(協力:高橋洋子)

不動産投資ニュースのライターさんを募集します。詳しくはこちら


ニュースリリースについて

編集部宛てのニュースリリースは、以下のメールアドレスで受け付けています。
press@kenbiya.com
※ 送付いただいたニュースリリースに関しては、取材や掲載を保証するものではございません。あらかじめご了承ください。

最新の不動産投資ニュース

ページの
トップへ