• 収益物件掲載募集
  • 不動産投資セミナー掲載募集
  • 収益物件 売却査定

4,229アクセス

空室増でもアパートが新築される理由

不動産投資全般/社会問題・情勢 ニュース

2016/12/19 配信

建設中のアパート
あちこちでアパートの新築が続いている

このところ、経済系メディアでは首都圏のアパート(木造、軽量鉄骨造)の空室増を取り上げ、話題になっている。いわく3戸に1戸が空室であると。以前記事でも紹介したトヨタグループの土地調査会社タスのデータが元になっているが、他にも懸念する声は多い。

たとえば、とある不動産の業界団体からのメルマガは「新設着工戸数は4か月連続で伸びており、特に貸家の着工戸数は前年比で+22%、地方圏でも+37%と伸びています。居住用の賃料は伸びておらず、利回りは低下する中、金融機関の不動産貸出残高が18四半期連続で伸びており、非常に危ういものを感じます。物件の仕入れにはくれぐれもご注意ください」という文言が。貸家への融資過熱を懸念する声である。

■相続税対策、新しい融資先その他の理由からアパート増へ

理由は簡単である。大きいのは相続税対策。2015年1月1日以降の相続税増税で、これまで相続税不要だった層にも相続税支払いの可能性が生じ、それを回避するために節税対策としてのアパート建設がクローズアップされたのである。

また、消費税増税で自宅建設がやや落ち込んでおり、金融機関としては他の借り

...

この記事は会員限定です。
会員登録(無料)すると続きをお読みいただけます。

健美家会員のメリット

  1. 会員限定物件や非公開物件情報が見れる
  2. 最新のコラムニュース情報がメールで受け取れる

不動産投資ニュースのライターさんを募集します。詳しくはこちら


ニュースリリースについて

編集部宛てのニュースリリースは、以下のメールアドレスで受け付けています。
press@kenbiya.com
※ 送付いただいたニュースリリースに関しては、取材や掲載を保証するものではございません。あらかじめご了承ください。

最新の不動産投資ニュース

ページの
トップへ