• 収益物件掲載募集
  • 不動産投資セミナー掲載募集
  • 収益物件 売却査定

3,631アクセス

孤独死最新事情。原状回復平均損害額は約40万円。男性60代が最多。

不動産投資全般/社会問題・情勢 ニュース

2018/03/16 配信

高齢化とともに、一人で自宅内で亡くなる、いわゆる孤独死が増えている。これに関し、一般社団法人日本少額短期保険協会孤独死対策委員会がレポートを出している。題して「孤独死現状レポート」。

具体的には一般社団法人日本少額短期保険協会孤独死対策委員会が会員各社が持ち寄った孤独死支払案件データを統計化し、賃貸住居内における「孤独死の実像を統計データで示した」もの。これまで類似のデータが少なかっただけに参考になるはずだ。

さて、その最新レポート(第3回)が2018年3月に出されている。レポートの冒頭では賃貸住宅に限らず、日本全体として高齢単身世帯が増えていることなどから孤独死は増加傾向にあるとされており、それぞれの立場からの備えが必要であることが示唆されている。

■全体の8割が男性、60代が最多

男性対女性の比率は8対2。圧倒的に男性が多い
男性対女性の比率は8対2。圧倒的に男性が多い

実際の孤独死者の統計で目立つのは男性の割合が非常に高いこと。比率でいうと8対2である。これについては以下のデータで死後発見されるまでの日数も女性のほうが早く、男性は時間がかかる傾向がある。

高齢男性の引きこもりが社会問題化しているが、そうした社会性の有無が孤独死にも影響す

...

この記事は会員限定です。
会員登録(無料)すると続きをお読みいただけます。

健美家会員のメリット

  1. 会員限定物件や非公開物件情報が見れる
  2. 最新のコラムニュース情報がメールで受け取れる

不動産投資ニュースのライターさんを募集します。詳しくはこちら


ニュースリリースについて

編集部宛てのニュースリリースは、以下のメールアドレスで受け付けています。
press@kenbiya.com
※ 送付いただいたニュースリリースに関しては、取材や掲載を保証するものではございません。あらかじめご了承ください。

最新の不動産投資ニュース

ページの
トップへ