• 完全無料の健美家の売却査定で、できるだけ速く・高く売却

×

  • 収益物件掲載募集
  • 不動産投資セミナー掲載募集

フラット35の実行件数NO1のアルヒが 住宅ローン不正利用検知システムを導入

不動産投資全般/社会問題・情勢 ニュース

2020/02/11 配信

全期間固定金利の住宅ローン「フラット35」を投資用物件に不正利用する問題が昨年から注目されている。そんな中、「フラット35」の取り扱い件数、9年連続NO1の(2010〜2018年の取り扱い件数、2019年3月末現在、ARUHI調べ)アルヒ株式会社では、AIを使った住宅ローンの不正検知システムを導入した。

国内最大手の住宅ローン専門金融機関であるARUHI。業界最低水準の低金利や、スピーディな審査が特徴。事前審査は最短1営業日。本審査は最短3営業日を目安としている。
国内最大手の住宅ローン専門金融機関であるARUHI。業界最低水準の低金利や、スピーディな審査が特徴。事前審査は最短1営業日。本審査は最短3営業日を目安としている。

アルヒが扱う「アプラス投資用マンションローン」で
書類の改ざんなどの疑惑が報じられるも、
「現時点では確認されていない」とコメント

住宅ローン専門の金融機関であるアルヒ株式会社のフランチャイズ店舗の案件において、ローンの不正の疑惑があると1月28日付けの日本経済新聞朝刊が報じた。

問題となったのは、アルヒが提供する「アプラス投資用マンションローン」。審査資料の改ざんがあったとの報道があった。アルヒによると、信販会社のアプラスの規定に従って、不動産業者から持ち込まれた書類を取り次いではいるものの、ローンの審査や融資実行、債権管理などは

...

この記事は会員限定です。
会員登録(無料)すると続きをお読みいただけます。

健美家会員のメリット

  1. 会員限定物件や非公開物件情報が見れる
  2. 最新のコラムニュース情報がメールで受け取れる

※ 記事の内容は執筆時点での情報を基にしています。投資等のご判断は各個人の責任でお願いします。

アクセスランキング

  • 今日
  • 週間
  • 月間

不動産投資ニュースのライターさんを募集します。詳しくはこちら


ニュースリリースについて

編集部宛てのニュースリリースは、以下のメールアドレスで受け付けています。
press@kenbiya.com
※ 送付いただいたニュースリリースに関しては、取材や掲載を保証するものではございません。あらかじめご了承ください。

最新の不動産投資ニュース

ページの
トップへ