• 収益物件掲載募集
  • 不動産投資セミナー掲載募集
  • 収益物件 売却査定

8,108アクセス

フラット35の実行件数NO1のアルヒが 住宅ローン不正利用検知システムを導入

不動産投資全般/社会問題 ニュース

健美家不動産投資ニュース

全期間固定金利の住宅ローン「フラット35」を投資用物件に不正利用する問題が昨年から注目されている。そんな中、「フラット35」の取り扱い件数、9年連続NO1の(2010〜2018年の取り扱い件数、2019年3月末現在、ARUHI調べ)アルヒ株式会社では、AIを使った住宅ローンの不正検知システムを導入した。

国内最大手の住宅ローン専門金融機関であるARUHI。業界最低水準の低金利や、スピーディな審査が特徴。事前審査は最短1営業日。本審査は最短3営業日を目安としている。
国内最大手の住宅ローン専門金融機関であるARUHI。業界最低水準の低金利や、スピーディな審査が特徴。事前審査は最短1営業日。本審査は最短3営業日を目安としている。

アルヒが扱う「アプラス投資用マンションローン」で
書類の改ざんなどの疑惑が報じられるも、
「現時点では確認されていない」とコメント

住宅ローン専門の金融機関であるアルヒ株式会社のフランチャイズ店舗の案件において、ローンの不正の疑惑があると1月28日付けの日本経済新聞朝刊が報じた。

問題となったのは、アルヒが提供する「アプラス投資用マンションローン」。審査資料の改ざんがあったとの報道があった。アルヒによると、信販会社のアプラスの規定に従って、不動産業者から持ち込まれた書類を取り次いではいるものの、ローンの審査や融資実行、債権管理などは、アルヒでは一切行っていないと1月28日付けのプレスリリースで明言している。

住宅ローンの不正利用の防止に向けて
AIを活用した
不正検知システムを本格稼働

アルヒでは昨年から、「フラット35」を投資用不動産の購入に不正利用するのを防止するために、注意喚起を行ってきた。ローンの不正利用を行ったと確認できた不動産事業者からの案件の取り扱いを中止したり、ローンの申込人への説明の徹底、確認の署名と捺印を全件で取得するようにプロセスを変更したり、対策をしてきた。

さらには、昨年12月25日より、AIを活用した、住宅ローンの不正利用を検知するシステム「ARUHIホークアイ1.0」を稼働させている。

「ARUHIホークアイ1.0」は、アルヒがAIエンジンの開発を行うHEROZ(ヒーローズ)株式会社と共同開発したもの。アルヒが蓄積する、過去7万件のローンの審査データを解析して、不正案件を検知させるという画期的なものだ。

「ARUHIホークアイ1.0」の仕組み。2019年12月25日より本格稼働している。
「ARUHIホークアイ1.0」の仕組み。2019年12月25日より本格稼働している。

1件あたり、約2秒で判定
不正の疑いが強い案件を絞り込み、
審査の精度を向上

「ARUHIホークアイ1.0」を、アルヒでは、ローンの不正利用の1次チェックに利用する。以前は目視で、審査担当者が行なってきたが、案件が多岐に渡り、大量にあることから、不正利用の見極めに時間を要していた。

「ARUHIホークアイ1.0」の導入によって、不正の疑いが強い案件を絞り込み、審査の精度をさらに向上することが可能になった。
「ARUHIホークアイ1.0」の開発期間は約6カ月。AIエンジンの開発を行うHEROZ(ヒーローズ)株式会社は、ほかにも金融機関とのコラボ経験がある。

では、「ARUHIホークアイ1.0」を使うと、どんな不正が、見つかるのだろうか?

たとえば、AIにより、通勤時間や居住面積などを元に割り出し、マイホーム取得のための住宅ローンにも関わらず、「職場への通勤時間が現住所からかかる時間の数倍になる」「4人家族なのに、1Kに引っ越す」といった違和感から、不正と思われる案件を検知することができるそうだ。

ただし、転勤などによって、遠くに引っ越すことになったり、単身赴任になったり、例外的なパターンがある。そのため、必ず、人間によるチェックが必要になる。AIに不正検知をすべて任すわけではなく、見極めるべきところのピックアップに役立てる。

新たな不正の手口を学習させる必要がある
ほかの金融機関や、
別領域への展開も期待

「ARUHIホークアイ1.0」の課題としては、今後、新たな不正の手口が出てくる可能性もあるため、新たな不正の手口も学習させる必要がある。不正の手口を解析しながら、技術検証を続けていく考えだ。

このAIエンジンの運用がうまくいけば、ほかの金融機関への導入や、別領域への展開も期待できるだろう。

とはいえ、住宅ローンの不正利用を検知するAIまで登場しなくてはならないほど、住宅ローンの不正は、水面下で、巧妙に、行われてきたことが伺える。

アルヒの担当者に、「ARUHIホークアイ1.0」の導入による効果や、どのような不正がこれによって明るみになったかを聞いたが、それについては、運用開始したばかりのため開示する段階にはないということだった。

今後も、アルヒでは住宅ローンの不正利用防止に、全力で取り組んでいくという。

健美家編集部(協力:高橋洋子)

健美家サイト会員登録で最新コラムやニュースをチェック!

不動産投資ニュースのライターさんを募集します。詳しくはこちら


ニュースリリースについて

編集部宛てのニュースリリースは、以下のメールアドレスで受け付けています。
press@kenbiya.com
※ 送付いただいたニュースリリースに関しては、取材や掲載を保証するものではございません。あらかじめご了承ください。

最新の不動産投資ニュース

ページの
トップへ